« スポンサードリンク »

ホワイトニングで白くなるメカニズム|歯の黄ばみを落とす秘密ワザ

ホワイトニングの知られざるメカニズム!

ホワイトニングは一体どうやって
歯を白くしているのか、ご存知ですか?


歯そのものを白くすることが、
ホワイトニングだと思っているかもしれません。


ですが、歯自体を白くすることはできないのです。


歯はエナメル質を通して中の「象牙質」が見えています。
この象牙質の色が、歯の色として見えています。


象牙質は日本人なら誰でも多少黄ばんでいるもので、
これが歯が「黄ばんで見える原因」になります。

ホワイトニングとは歯を白く見せるトリック

エナメル質の表面は、割りばしの束を
上から見た構造になっています。


割りばしの1本1本に相当する部分を
「エナメル小柱」といい、これがキレイな■(角状)をしており
外からの入ってくる光を透明なガラスのようにキレイに通します。


入ってきた光が、内部にある黄ばんだ象牙質の色を
そのまま映して外に出て行くので「黄ばん」で見えます。


ホワイトニング剤を歯に塗ると、
象牙質ではなく歯の表面(エナメル質)の構造が変化し
光のトリックによって歯が白く見えます。


ホワイトニング剤が、エナメル小柱の
■(角状)の形を◯(球状)に変化させます。


入ってきた光は、球状になったエナメル小柱の表面で
乱反射を起こして、まるで曇りガラスのようになるわけです。


これがホワイトニングのマスキング効果というもので、
中の黄ばんだ象牙質に光が届かないので歯が白く見えるのです。


これが、黄ばんだ歯を「白く見せる」トリックです。


念のため断っておきますと
これはとても小さいミクロの世界のことで、
歯にダメージがあるとか、歯が欠ける心配はありません。


ホワイトニングを何度も行うと、
エナメル小柱がどんどんキレイな球になり
歯の表面で盛んに光の乱反射が起きます。


そうなると、外から入ってきた光のほとんどが跳ね返されて、
ひときわ歯が白く輝いて見えることになります。


ただ、このエナメル小柱の「マスキング効果」は
◯(球状)から■(角状)元に戻る性質があるため、
ホワイトニングの効果には、必ず後戻りが発生します。

≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。