« スポンサードリンク »
ホーム »   鼻の病気

歯性上顎洞炎における根管治療の内容|なぜ歯の根っこの治療は難しいの?

歯性上顎洞炎の根管治療について

歯性上顎洞炎の治療には、
神経を取った歯の銀歯(フタ)を外して、
再び根管処置を行う治療があります。


これを「歯内療法」といいます。


歯内療法は、


歯の神経があった空間(歯髄腔内)と
歯の根っこで炎症が起きている組織
(根尖周囲組織)を治療します。


具体的にはまず、根管内の
洗浄、清掃、消毒が繰り返し行われます。


そして、


根管内の汚染物質をすべて除去したら、
防腐剤を隙間ができないよう
歯の根っこまで詰めて終了です。


目的は、上顎洞炎の原因物質が
周りへ広がることを止めること。


万が一


細菌や細菌に感染した汚染物質が残ると、
歯性上顎洞炎の治療は失敗となります。


歯内療法は、むし歯や歯周病と違い
狭くて見えにくい歯の根っこの先で
器具を操作しますので、
高度な技術が必要とされる治療です。



そのため、歯医者さんを選ぶなら
症例数や実績の豊富さで選ぶことが大切!


最近では、歯性上顎洞炎のほとんどは
はじめに行われた不適切な根管処置に
原因があると言われています。


はじめに神経を取った歯科で
歯内療法を行うのは止めておきましょう。

◇根尖切除術について

歯内療法はうまく行かなくて当たり前。
成功したらラッキーという感じです。


根管処置を再び行っても
歯性上顎洞炎が治るケースは少なく、
抜歯になることが多いと考えてください。


一方、歯の内部からではなく
歯の外側から治療する方法もあります。



「根尖切除術」と言うものです。


歯内療法で不可能な歯の根っこの先端部分を
外科的に切除して取り出す治療方法です。


この治療は、奥歯など歯の根っこが
2つも3つもある大臼歯にはできません。


犬歯や小臼歯など「単根歯」のみが
治療可能な歯となります。

≪ スポンサードリンク ≫

歯性上顎洞炎の抜歯による治療のデメリット|鼻の内視鏡手術という手も!

歯性上顎洞炎の治療は
抜歯のみとは限らない!


歯を治療した後、副鼻腔に
炎症が起こる「歯性上顎洞炎」。


歯性上顎洞炎の治療は、
「歯の治療」と「鼻の治療」
2つのアプローチがあります。



歯が原因で起こる病気のため
歯の治療(抜歯)が行われることが
多いのですが、


原因とされる歯を抜いても
症状が改善しないことがあります。


ある患者さんは、歯性上顎洞炎の
原因とされる歯を抜きましたが、
症状が全く改善しませんでした。


ところが、内視鏡を使った
鼻の手術をしたところ完治!



一般に、歯性上顎洞炎の原因歯は
抜歯が必要とされていますが、
そうとは限りません。


大事な歯を抜くことで
生活の質が低下することは避けられず、
抜歯の治療には慎重であるべきです。



原因とされる歯が保存できるのであれば、
できる限り歯を残しましょう。


治療を始める前に、歯性上顎洞炎と
原因歯の病態を見極めることが、
歯を残せるかどうかの肝となります。

◇抜歯のデメリットについて

抜歯を行う最大の目的は
歯の根っこと上顎洞にたまった膿を
出すことにあります。


具体的には、まず抜歯を行い
排膿路(ドレナージ)を確保します。


次に、洗浄針を使って抜歯した穴から
上顎洞内の洗浄をくり返し行います。


抜歯して上顎洞とつながった穴が小さく、
排膿が難しいときは、上顎洞の骨を削り
穴を大きくして排膿をうながします。


洗浄が終わると、
保護床を装着して穴を塞ぎます。


しかし、この治療には少なくとも
3つのデメリットがあります。

@この方法でなくても、鼻を通して
 上顎洞の洗浄が可能であること

A必ずしも抜歯した穴から
 上顎洞を十分に洗浄できない場合があること

B抜歯した穴と上顎洞が貫通すると
 保護床で塞いでも、口内から菌が侵入し
 上顎洞の感染経路になりやすいこと

◇抜歯は必要?不要?歯科医の見解

そもそも、歯性上顎洞炎の原因は、
根管処置をした歯の根っこに膿がたまったり、
根っこの周りに炎症が起こることにあります。


根管処置した歯を再度治療しても、
膿や炎症が改善しないことが多く、
最終的に「抜歯」になるのが一般的。


しかし、先ほどの患者さんのように
抜歯しても治らないことがあるのも事実。


そのため、歯性上顎洞炎の治療のあり方について
歯科医の中でも疑問の声が上がっており、
抜歯か保存かその見解はまだ一致していないそうです。

≪ スポンサードリンク ≫

歯性上顎洞炎の原因ワースト1位|歯の治療後に起こる鼻の病気

歯性上顎洞炎の原因は
「歯の治療」!?


鼻が片側だけつまったり
不快な臭いが気になるのが、
鼻の病気である「歯性上顎洞炎」!


歯性上顎洞炎は、歯の神経を抜く
「根管治療」に原因があると言われています。



根管治療とは、歯の神経を抜いたあと、
神経を取ったスペースに充填剤を詰めて
銀歯でフタをする治療のこと。


その際、充填剤が足りなかったり、
逆に多くて歯の根っこから
漏れ出てしまうケースがあります。


すると、歯の根っこの周りに
炎症が起きて歯に痛みが出ます。


この炎症が「歯性上顎洞炎」を起こす原因。


歯の痛みとともに、片側だけ鼻がつまったり
頭やほほに痛みが出るとこのケースに該当します。


歯性上顎洞炎を起こす歯は、上アゴの
第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯、
そして第二小臼歯に限ります。



他の歯は、歯性上顎洞炎の原因ではありません。


上の奥歯の根管治療をしたあと
歯の痛みや片側だけ鼻がつまる場合は、
歯性上顎洞炎の可能性が極めて高いです。

◆根管治療と歯性上顎洞炎の関係

原因とされる歯の根っこが
副鼻腔である上顎洞にささったり、
入り込んでいる必要はありません。


上の奥歯と上顎洞が離れていても、
歯の根っこで起きた炎症が
上顎洞にまで及ぶからです。


根管治療がうまくいくかどうかは
充填剤が歯の根っこまで届くことが重要。


充填剤が歯の根っこの先まで届いておらず
歯の内部にすき間や空洞ができると
そこが感染源となり、2〜3ヶ月ほどで
炎症が起きて歯性上顎洞炎へと発展します。



歯の根っこの内部の形は細く複雑で、
歯の神経を抜く作業は熟練の医師でも
完璧な治療は難しいそうです。


原因が歯性上顎洞炎と分かっても
歯科で相談すると「歯に異常はありません」
という、返事をもらうことがあります。


◯ 根管の形は複雑であること
◯ 完璧な根管治療はないこと



無用のトラブルを避けるためにも、
事前にこれらのことを把握して
根管治療を受けることが大切です。


ちなみに、信頼できる根管治療を行う歯科は
以下の2つの設備がある歯科となります。


□ だ液が歯に触れないようにする
 「ラバーダム」

□ 見えない細部まで見ることができる
 「マイクロスコープ」

≪ スポンサードリンク ≫

片側だけの鼻づまりで鼻息が臭い時|虫歯治療が招く蓄膿症

55歳男性に起こった怪事件!

片方の鼻は調子がいいのに、
もう片方の鼻だけ詰まる。


そんな場合は、大変な病気が潜んでいる
可能性がありますので注意が必要です。


ある55歳の男性は若い頃から
花粉症に悩まされていました。


そんなある時、怪事件が起こります。


花粉が飛ばない季節になったのに、
鼻づまりが一向に良くならないのです。


「おかしいなぁ・・・」


しかも、鼻づまりが起きるのは「左側だけ」
右側は花粉シーズンが終わると元に戻りました。



さらに、鼻づまり以外にも鼻の奥から
「変なニオイ」がするのを感じます。


そうするうちに、ほほの部分に
押さえつけられるような痛みを
感じるようにもなりました。

異変の正体!

男性に起こった異変は、
鼻がつまる「左」ほほの所にある
「副鼻腔」に原因がありました。


上アゴの奥歯の根っこに近い副鼻腔に
「膿」がたまっていたのです。



鼻づまりが起きている左の副鼻腔にだけ
膿がたまっていたため、鼻づまりが起きていました。


副鼻腔に膿がたまる病気を
「蓄膿症」といいます。


「蓄膿症」は通常、左右両方に膿がたまり、
鼻づまりや痛みも左右両方に起きます。


蓄膿症の原因は菌やウィルス、花粉などで
通常それらは左右両方の鼻穴から入ります。


そのため、蓄膿症の場合片側だけに膿が
たまることはなく、左右両方にたまるのです。


しかし、男性の場合菌が侵入したのは
鼻以外の「別のルート」からでした。


上アゴにある左奥歯の歯根から
虫歯菌が入っていたのです。



この病気を「歯性上顎洞炎」といいます。


元来、副鼻腔と上の奥歯の根元は接近して、
その間は数ミリほどしか開いていません。


しかも、アゴの骨が薄くなっている人が
増えているため、歯の根元との距離は
若い人ほど短くなる傾向にあります。

「歯性上顎洞炎」について

上アゴにある奥歯の根元が、
副鼻腔(上顎洞)に達してしまうと
「炎症」や「化膿」が起こります。


そして、副鼻腔内で感染が広がり
強い臭気をともなう膿がたまることに。


これが、片側だけに鼻づまりを起こし
鼻息が臭くなる原因となるわけです。


虫歯の治療をしないまま放置したり、
虫歯の治療を途中で止めると
この病気になりやすいそうです。



歯性上顎洞炎を防ぐには定期検診を受け、
虫歯の治療を最後まで受けることが大切!


また、虫歯を治した後も、
予防に努める必要があります。


片側だけ鼻がつまって
奥歯の痛みや異臭を感じるときは
早急に歯科または総合病院を
受診されることをおすすめします。

≪ スポンサードリンク ≫

慢性のツラ〜い鼻づまりが起きる5つの原因|緑色の鼻水と頭痛が起きる時

慢性の鼻づまりが原因不明の方必見!

カゼをひいたときは大量の鼻水が出て
鼻がつまることはよくあります。


また、春先など花粉が飛び交う季節にも
鼻がつまって苦しくなることも一般的。


しかし、鼻づまりで本当に困るは、
その原因が分からないこと。



慢性的な鼻づまりの多くは、原因不明で
対策の立てようもなく手の施しようがありません。


基本、口でしか呼吸できませんので、
食事をしても早食いをしてしまい、
胃腸に負担をかけることになります。


また、受験生や仕事が忙しい方の中には、
集中できずイライラすることが多いようです。


さらに、夜になると鼻づまりがひどくなり
寝ているとき息が苦しくて起きてしまい、
ぐっすり眠ることができず寝不足になることも。



そんなツライ鼻づまりを起こす原因には
主に「5つ」のことが考えられます。

@ アレルギー性鼻炎
A 血管運動性鼻炎
B 感染による鼻炎(副鼻腔炎)
C 鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)
D その他


それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

◇慢性的な鼻づまり5つの原因!

@アレルギー性鼻炎


アレルギー性鼻炎は、世界中で増加しており、
成人の2〜3割、子どもでは4割が該当します。


患者さんの多くは、1年のうちに4ヶ月以上も
鼻がつまる経験をする慢性の鼻炎です。



原因は、花粉やハウスダストなど。

A血管運動性鼻炎


鼻の副交感神経がつねに緊張した状態にあるため
アレルギー性鼻炎と同様に、水っぽい鼻水が
大量に出て、鼻づまりを起こします。


原因は、タバコの煙やホコリ、
寒さの刺激やストレスなど。


アレルギー性鼻炎とは明確に区別がつかず、
アレルギー検査が陰性であった場合は
血管運動性鼻炎に該当します。

B感染による鼻炎(副鼻腔炎)


副鼻腔炎とは、鼻の奥にある空洞
(副鼻腔)に起こる炎症のことで、


この副鼻腔に炎症が起こるとツライ
鼻づまりを引き起こすことがあります。


副鼻腔炎は、症状が継続する長さによって
(a)急性副鼻腔炎、(b)慢性副鼻腔炎に分けられます。

(a)急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎の多くは、カゼを引く
ウィルス感染によって起こります。


水っぽい鼻水が出た後、色のついた
粘っぽい汚い鼻水が出てくるのが特徴で、
頭重感や顔面痛などの痛みをともなうことも。



普通のカゼだと鼻水や鼻づまりの症状は数日で消えますが、
急性副鼻腔炎になると緑色のネバネバ鼻水が長引きます。

(b)慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎の症状である
濃くてネバネバした鼻水、顔面痛、頭痛が
反復する状態をいいます。



慢性副鼻腔炎の原因はいろいろあります。

・ 急性副鼻腔炎が慢性化したもの
・ アレルギー性鼻炎が慢性化したもの
・ 鼻中隔湾曲症によるもの
・ 歯根部の炎症(歯性上顎洞炎)など


しかし、どれも決め手にかけ
この原因だけは特定できていません。

C鼻中隔湾曲症


鼻中隔とは、鼻の穴を左右に隔てる壁のことです。
鼻ピアスをする場合、この壁に穴を開け通します。


この壁は、通常左右どちらかに曲がっており
まっすぐになっている人はめったにいません。


ただ、この曲がり具合い極端な場合、
片側の通気性が悪くなってしまい
鼻づまりを引き起こしてしまいます。


つまり、鼻の構造自体に問題があるわけで、
手術によって鼻づまりを改善できるとされています。

Dその他


アデノイドは喉の奥にできる
扁桃組織のことをいいます。


通常、3〜5歳にかけて最も大きくなり
以降、だんだん小さくなっていきますが、
あまりに大きすぎる場合鼻の通気性をさまたげ
鼻づまりをきたす原因となります。

≪ スポンサードリンク ≫

子供の鼻の掃除って一体どうやるの?鼻がつまって苦しいケース

子どもの鼻がつまって苦しそう・・・

ふと我が子の顔を見ると、鼻がつまって
苦しそうにしている時があります。


何か飲むときフガフガ音を立てたり、
夜寝るとき、呼吸以外の音がしていると


親として何もしてあげられない
もどかしさを噛みしめるほかありません。


生まれて間もない赤ちゃんの場合は、
体と同じで鼻もまだ未発達であるため、
鼻がぺちゃんこで穴も小さいのが特徴。


そのため、外の空気を吸い込んだときに、
鼻の粘膜が敏感に反応して、
たくさんの鼻水が出る「鼻炎」を起こして
鼻がつまることが多いようです。



とくに、冬場は空気が乾燥するため、
細菌やウィルスなどにさらされやすく
鼻水が固まることも珍しくありません。


とくに鼻炎の症状で多いのが
「鼻水」と「鼻づまり」!


この2つの症状がひどくなると、
ネバネバした汚い鼻水になって、
鼻からイヤな臭いがするようになります。


これは「蓄膿症」の症状です。


哺乳がしづらくイライラしますので、
ぐっすり眠れず免疫力の低下から
病気にかかりやすくなるのが特徴。


大切なのは、鼻づまりを放置しないこと!



湯浴みやお風呂あがりなどに、
簡単な鼻のお手入れをしてあげましょう。

◇鼻のお手入れ方法

□用意するもの

◯ 綿棒
◯ ティッシュペーパー


□お手入れをする時間

鼻のお手入れは、鼻が潤って
粘膜で保護されているときがベストです。


沐浴のあとやお風呂あがりに
行うと良いでしょう。



乾燥した状態でお手入れを行うと、
粘膜を傷つけることになりますので、


お風呂あがりの時以外は
人肌に温めた蒸しタオルをしばらく当て、
「加湿」を行ってから、始めてください。

□姿勢

沐浴の時のように赤ちゃんを仰向けに寝かせ、
頭を少し反らせた状態でしっかり固定します。


こうすることで、鼻の穴がよく見え、
お手入れが行いやすくなります。

□お手入れのやり方

まず、エンピツを持つように
綿棒の根本の部分を持ちます。


先端だけをゆっくりと鼻の穴に入れ、
円を描くようにクルクル回して
引き抜きます。



鼻の奥まで入れる必要はありません。


鼻水やゴミが取れなくても大丈夫です。
鼻腔内を少しでもキレイにすることが大切!

◇鼻水が多いときの対策

鼻水が多くて、
綿棒でのお手入れが難しいときは
市販の「鼻水吸引器」を使うと便利です。


昔は、親が赤ちゃんや子どもの鼻に直接
口を当てて吸う方法が一般的でしたが、
これは危ないので絶対にやめてください。



人の口の中には、虫歯菌や歯周病菌をはじめ
いろいろな種類の細菌(約500種)がいます。


だ液を通して赤ちゃんの鼻に細菌が入ると、
鼻づまりの症状が悪化するだけでなく、
中耳炎や副鼻腔炎を起こす危険があります。



ちなみに、手元に吸引器がないときは、
近くの耳鼻科で吸引してもらうのが
もっとも安心安全で確実です。

≪ スポンサードリンク ≫

口臭の原因が蓄膿症って本当?鼻づまりが引き起こす腐敗臭

蓄膿症で口臭がする理由

蓄膿症と口臭は、密接にリンクしています。


もともと鼻の中は、口の中と違って
食べカスや虫歯菌、歯周病菌などがなく
とても清潔でキレイです。


ところが、


「蓄膿症」になるとネバネバした色の濃い
鼻水で汚れ、腐ったような臭いがします。


自分でそれを感じることもあれば、
指摘されて、気づく人もいます。


鼻と喉、口はお互いつながっていますので、
鼻の奥にたまった膿自体が喉に流れたり、
臭いが口からの息に混じることがあります。


蓄膿症になると、鼻息や口臭がするのは
基本的に無菌である副鼻腔に


◯ インフルエンザ菌
◯ 肺炎球菌
◯ カタラーリス菌


が、侵入することが原因。


健康なときは、粘液(鼻水)によって、
これら有害な菌は体外に排除されますが、


カゼ、花粉症、アレルギー症状で
つらい鼻づまりがあると、菌が
副鼻腔内にとどまり繁殖するのです。



副鼻腔内で菌の感染が広がると、
「副鼻腔炎」が起こります。


副鼻腔炎によって、粘膜が腫れると
空気の出入り口が塞がれることに。


つまり、換気や排泄ができなくなって
さらに菌の感染が広がるわけです。


その結果、副鼻腔内に
バイ菌と白血球の死骸である「膿」がたまり、
ネバネバした鼻水となって出てきます。


蓄膿症は、とにかく口臭に影響しますので、
ブレスケアに注意することが大切です。

≪ スポンサードリンク ≫

蓄膿症の口臭を改善する方法|日帰りもできる内視鏡下鼻内手術

蓄膿症は「鼻水」で分かる!

「蓄膿症」の自覚症状で多いのは、
「ネバネバした緑色の鼻水」が出ること。


人によっては、黄色っぽかったりしますが、
鼻をかんでも取れず、口臭の原因となります。


蓄膿症による口臭の改善には、
鼻うがいや市販の点鼻薬などの
セルフケアで対処するのが一般的。


もちろん、これらの方法も有効ですが、
蓄膿症が3ヶ月以上続いている場合は
効果は一時的で、すぐに元に戻るようです。

蓄膿症の口臭を改善する方法!

蓄膿症を根本的に改善するには
臭いの元である「膿」を排除する
「副鼻腔内の清掃」が欠かせません。


副鼻腔をキレイにすると、色のついた鼻水が
出なくなりますので、口臭や鼻臭も改善されます。



また、鼻の通りがよくなりますので、
頭がスッキリして、今まで以上に
仕事や勉強に集中することができます。


そのためには、エックス線検査や
CT検査による詳細な画像診断、また、
感染を抑える抗菌薬の投与を行う
「耳鼻科」での治療をおすすめします。

耳鼻科での治療

耳鼻科で行われる蓄膿症の治療は、
「2つ」あります。

@保存的治療


保存的治療は、
ネブライザーや鼻洗浄による
マクロライド系抗生物質の
少量長期投与のことです。


マクロライドによる治療は、

◯ 鼻の洗浄機能の回復
◯ 粘液の分泌を抑える
◯ 免疫機能を高める


この3つの効果が期待できます。


ただし、マクロライド系抗生物質投与でも
蓄膿症の症状がつづく場合は
「手術」が必要となります。

A外科治療


外科治療による手術は、


鼻腔と副鼻腔を1つの機能とみなして、
両方の「通気・換気」を改善することを
目的とします。


手術の主流は、

「内視鏡下鼻内手術(ESS)」

です。


「内視鏡下鼻内手術」は、


傷口を最小限に抑えるため
鼻の穴から内視鏡を入れて、
テレビモニターで確認しながら
鼻の中の手術をおこなう方法。


以前は、


唇の下を切り開く方法が一般的でしたが、
その場合傷口の回復に1〜2ヶ月を要し、
経済的にも肉体的にも大変でした。


ところが、今は最低限の時間で
必要な所だけ治療する方法に進化。


手術による出血や痛みも少なく、
手術時間も約1時間適度で
「入院」の必要もありません。



副鼻腔に十分な開口を作り、
分泌物の排除と換気を改善します。


術後は、


外来でマクロライド療法を施しながら
粘膜が正常に戻るのを促すことになります。

≪ スポンサードリンク ≫

蓄膿症による口臭と鼻臭について|どんな臭いがするかチェック

蓄膿症の口臭はキツイ!?

「蓄膿症」は、副鼻腔に
細菌が感染して起こる鼻の病気です。


細菌が感染すると、
鼻の奥で細菌が増殖しますので
炎症を起こして、
じくじくした膿がたまります。


小さい頃、転んで膝をすりむくと
色のついたジクジクしたものが
傷口からにじむ経験があるかと思います。


それと同じようなことが
鼻の中で起こるわけです。


鼻の中の炎症で起こる症状には、
次のような特徴があります

@色のついたネバネバ鼻水が出る
A頬や目の周り、おでこに痛みが出る


もし、このような症状に加えて
普段のイライラや集中力欠如に
心当たりがあれば、


「蓄膿症」
判断して間違いありません。


中には、鼻の奥から
変なニオイ(鼻臭)がして
自分で分かる方もいますが、


たいていは、鼻づまりがヒドく、
嗅覚が鈍くなるため気づきません。


鼻と口はつながっており、
膿が放つ悪臭が口臭となります。


周りの人は遠慮して
言ってくれませんので、
仕草や様子から察する事が大切です。


とにかく、自分で無臭と感じても
当てにならない事は覚えておきましょう。

蓄膿症ってどんなニオイ?

蓄膿症で1番気になるのは、

「どんなニオイ?」

ということではないでしょうか。


他人にも分かるヒドイ臭いなら
すぐにケアが必要です。


蓄膿症のニオイの原因は,
鼻の奥にたまった「膿」!


膿は、バイ菌と体内の白血球とが
戦ったあとの死骸からできています。


そのため、生ゴミのような
「腐敗臭」がします。


人によっては、「生臭い」と感じたり、
もっと具体的に「魚が腐ったニオイ」と
感じることが多いようです。



鼻息が臭くなるのはもちろん、
口からも同じニオイがするため、
「口臭」レベルは最悪。


鼻づまりがないときは、
その臭いを自覚できることもありますが、
歯磨きなどの口臭ケアでは対処できません。


根本的に鼻の中を
清潔にする「治療」が必要です。

蓄膿症の治療

蓄膿症の口臭は、鼻の奥にたまった
「膿」を取りのぞくことが大切です。


鼻をかんだり、市販のお薬を服用しても
効果は一時的で、すぐに元に戻ります。


耳鼻科での治療が必要です。



耳鼻科では、


X線検査で鼻腔内の炎症の程度を、
鼻水からは炎症の原因である細菌を、
それぞれ特定する検査がおこなわれます。


その後、


鼻の奥にたまった鼻汁を吸い出し
原因とされる細菌に有効な薬と、
炎症を抑える薬の2つを投与されます。


ちなみに、自宅でできるケアとして
もっとも有効なのは「鼻うがい」。


細菌が鼻の奥で繁殖しやすいのは
空気が乾燥したときです。


鼻うがいで鼻の洗浄をつづけると、
鼻の中が潤う効果もあって、
細菌の繁殖を抑えることができます。


あとは、冬場はもちろん夏でも、
エアコンによる空気の乾燥に
気をつけることが大切です。

≪ スポンサードリンク ≫

鼻息と口臭の関係性を徹底解説!鼻と口はつながっているのに臭いは違う

口臭って鼻息に影響するの?

相手の「口臭」が気になるのは、
ほとんどの場合、相手が口を開けて、
話をする時ではないでしょうか?


自分が話をする場合で
相手の口臭は感じません。


鼻息と口臭の関係を見るうえで、
大切なポイントは「2つ」


@「口臭は鼻息に影響するのか?」

A「鼻息は口臭に影響するのか?」



たとえ、むし歯や歯周病がある人でも、
口臭と同じ臭いは鼻からはしません。


また、鼻息が臭いと感じる人は不思議と、
口臭もキツイ傾向にある点も気になります。

口臭は鼻息に混じらない!

鼻呼吸で口臭がしなくなる理由は、
鏡を見ながら鼻呼吸すると分かります。


舌が喉の方へひっこみ、
喉と口の間をフタをするように
ピタリと塞いでいるのが、
確認できるかと思います。



これによって、口からの息や臭いが
鼻へと抜けるのを防いでくれます。

口臭より鼻息が臭いワケ!

一般的に、「口の息は臭い」けど
「鼻息は臭くない」イメージがあります。


これは「正解」です。


口は基本的に飲食をするところで、
歯や歯茎、舌の上など汚れが付きやすく
構造的に臭いが発生しやすいからです。



一方鼻は、ただ空気が通るだけで
臭いの元となる食べカスがありません。


たとえ、


チリやホコリ、カビなどで汚れても、
エアコンと同じように粘液や鼻水が
自動的に洗浄するため、常に清潔で
臭いが発生しないようになっています。



ただし、鼻の疾患(病気)があると、
鼻息も臭いがするようになります。
◯ 詳しくはコチラ>

鼻の疾患が口臭へ与える影響

口臭は鼻息に影響しませんが、逆に
鼻息は口臭に影響するのでしょうか?


鼻の疾患(病気)で臭いが発生するのは、
@「鼻づまり」とA「蓄膿」の2つです。

@「鼻づまり」


まず、@「鼻づまり」についてですが、
これは誰でも経験があるように、


鼻がつまると、夜眠れなかったり、
日中も集中力が低下して
たいへん辛いものです。


それは、鼻づまりで引き起こされる
「口呼吸」に原因があります。


実は、鼻がつまると口が乾燥する
「ドライマウス」になります。


ドライマウスは、口内の乾燥を防ぐ
「唾液」が失われることで起こります。


口内炎や口角炎の原因はもちろん、
食べ物が飲み込みにくくなったり
話すとき引っかかったりします。



また、口臭の「臭い成分」も
唾液が失われると増えますので、


鼻づまりのときは、ドライマウスで
口臭がアップすることになります。



この場合、


濡れマスクやこまめな水分補給で
口を乾燥から守ることが大切です。

A「蓄膿」


蓄膿と聞いても、
ピンと来ないかもしれません。


ネバネバした鼻水がよく出る方は、
鼻の奥(副鼻腔)に「膿」がたまって
普通の人より口臭が強い可能性が高いです。



「膿」は、外からやってきたバイ菌と
白血球の死骸からできていますので、
腐ったような不快な臭いを発します。


そのため、


色のついたネバネバ鼻水が出るときは、
膿による臭いで鼻息が臭くなります。


口臭への影響は?


ネバネバした鼻水が喉へ流れて、
扁桃に炎症を起こしたり、
しつこい痰となって
口臭に影響をおよぼすようです。



蓄膿は、「鼻うがい」が有効です。


それでもネバネバ鼻水が止まらないときは、
「耳鼻科」の受診をおすすめします。

≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top