« スポンサードリンク »
ホーム »   寝起き

寝起きに口の中から血の味がしたら|膿が引き起こす強烈な口臭を防ぐ!

歯茎ブヨブヨしてませんか?

寝起きに口から血の味がしたり、
ヨダレに血が混じっていたら注意が必要です。


歯磨きをしなくても血が出たり、寝起きに口の中がネバネバし
口臭も気になるようであれば、進行した歯周病が疑われます。


出血は「歯周病」のサインです。
それも進行した「重度」の歯周病です。


歯周病の最初は歯茎から出血する程度で痛みもなく自覚症状がありません。


しかし、歯周病が進行して歯茎からいつも出血するようになると
口の中で血の味がしたり、シーツや枕に出血の跡が見られます。


歯周病は、寝ているときも進行していることがあります。


というのは、仕事や家庭のことでストレスが続くと
寝ている時に無意識に行う歯ぎしりによって、
歯や歯茎に強い圧力をかけてしまうからです。


起きたときに、口の中から血が出るのは
歯周病に精神的なストレスも加わるためとも言えます。



本来であれば歯茎は血行がよく
ピンクでハリがあるのは普通です。


歯と歯の間にある歯茎が
キレイな三角形の山でとがっており
指で押してもコツコツして硬いです。


しかし、歯茎の中の骨が溶けてスカスカだと
指で押しても反発力がなくブヨブヨします。


歯茎から出る血も臭くて腐敗臭がするのであれば
歯周病で歯茎が相当ダメージを受けていると思われます。

■血の次に出てくるもの

口の中から血が出る程度であれば、まだ自宅での歯磨きで改善できますが、
そのまま放置すると歯周病は進行して歯医者での治療が必要になります。


歯周病は進行性の病気であるため、
時間とともに治療が難しくなるのが特徴で
最終的には歯を1度にごっそり失う危険があります。



もし、寝起きに血が出るのに何もせずに放置していると
次に歯茎から出るのは、強烈な口臭の元となる「膿」です。


膿は歯茎を指で押すとにじみ出たり、
歯茎が白く腫れるようになります。


歯周病特有の強烈な口臭の原因になるので、
できるだけ早く治療することが大切です。

≪ スポンサードリンク ≫

寝起きに口の中が苦いのはなぜ?逆流性食道炎で起こる症状をチェック!

寝起きに口が苦いのは病気かも

朝起きると口の中から苦い感じがする。


他にも寝ていると胸やけで目が覚めたり、寝付きが悪く
寝てもスッキリしないことはありませんか?


寝起きに口の中に苦みを感じたり、または酸っぱい感じがして
不快な口臭がある場合、「胃の病気」であることが疑われます。

■胃の病気「逆流性食道炎」

寝ている時に胃の中に食べ物が残っていると胃酸が大量に分泌されます。
胃酸の殺菌作用や防腐作用で、睡眠中の消化作用を助けるわけです。


これを「過酸症」と言い、睡眠中に胃から胸にかけての
不快感が続くことで不眠症になると言われています。


「過酸症」を起こすと分泌された大量の胃酸が胃から食道に逆流し、
胸やけやそれに伴う不快感を生じる「逆流性食道炎」が起きます。



「逆流性食道炎」は昔の人にはあまりなかった病気ですが、
ファーストフードや肉食など食生活の変化が進むにつれて
急増している病気の1つで不眠以外にも
「声のかすれ」「嘔吐」などの症状が見られます。


逆流性食道炎が起こる原因は、食道と胃の境界にある
噴門と呼ばれる括約筋が閉じていないことにあります。


逆流性食道炎は強い胃酸が逆流して食道がただれるため、
食道がんになる危険がありますので早めにお近くの消化器内科を
受診されることをおすすめします。

■逆流性食道炎の対策と予防

逆流性食道炎で食道がただれると寝起きの不快感が強くなります。


強い胸焼けによる不快感が睡眠中も断続的に繰り返されると
睡眠の質を下げる原因になりますので、早めの治療を心がけましょう。


消化器内科での治療は薬の処方がメインとなり、処方を受けると
不快な胸やけや寝起きの口の中の苦み、酸っぱさなども軽減され
夜中に起きることがなり、眠りが深くなるため体調も改善されます。


逆流性食道炎の原因の多くはストレスはもちろん、
喫煙や飲酒などの生活習慣に加え、不規則な食生活で起こることが多く
食べる内容だけでなく食べる時間帯(夜食)とも深い関係があります。



喫煙をされている場合は禁煙が特に有効です。


慢性になるとなかなか治りにくいのが特徴で、
長年患っている方は相当進行していることが考えられます。


中高年の多くの方は日常的に胸やけなどの症状を抱えているようです。
軽い胸やけなどと考えず、近くの消化器内科に相談されることが大切です。

≪ スポンサードリンク ≫

寝起きの口臭は胃が原因?ストレスでよく眠れない事があるなら 

朝の口臭は胃から!?

一般に言うと胃から口臭がしてくることはまずありません。


食道と胃の境界には噴門というところがあって、食べたものが
逆流しないよう臭いもシャットアウトするからです。


しかし、


胃の調子が悪くなると寝起きの口臭が強くなることがあります。


ストレスはもちろん、1日3食お腹いっぱい食べたり、
栄養が偏ったものばかり食べていると胃に負担がかかり
消化に時間がかかるため、食べたものが長く胃にとどまります。



食べたものが胃の中に残ったまま消化不良を起こしている状態です。
消化不良で胃の働きが悪くなると、胃の中に残った食べ物は発酵します。


発酵すると口臭の原因となる酪酸菌が大量に発生するため
それが悪臭のもとになってしまい寝起きに口臭が強くなることに。



また家事や育児、仕事などでストレスをため込んでいると
自律神経の働きが乱れ、自立神経失調症による不眠症になります。


不眠症が続くとさらにストレスが重なるため
胃の病気を起こしやすく、嗚咽したときのあの独特の
酸っぱいニオイが朝から口の中に広がることがあります。

■胃の調子を良くするには

胃は口とつながっており、
胃の不調は口の中にも影響を与えます。


ストレスや食べ過ぎで胃の調子が悪くなると、
舌全体が白っぽくなり中央の大きな溝に
厚ぼったい黄色の汚れがつくのが特徴です。



また、胃で腐敗したものがそのまま口臭となる訳ではありませんが、
胃で発生したガスが血管に入って口から排出されることがあります。


肺に送られたガスが呼吸で吐く息に混じり外に出されると、
強い口臭として感じられる仕組みです。


胃が原因の場合、まずは普段の食事を見直すことが大事です。
胃に負担を和らげるもので栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。



具体的には肉料理やカロリーの高い食事を避け、
少ない量でも栄養やミネラルが豊富な
「野菜」「果物」を摂ること。


また1周間に1回でも構いません、
「胃を休める」ことも有効です。


食事をとらないことは酷使された胃腸の働きを
健全にする最も簡単な方法です。


消化不良で胃の中には発酵した食べ物が残っていますが、
腐敗した物を体の外に出すには、何も食べずただ
胃が自然に回復するまで休ませてあげることが大事。


ただ、仕事や付き合いで食事をしなければならない場合や
心因性のストレスが原因で寝起きの口臭が気になる場合は、
消臭成分配合のサプリメントを活用されてもいいでしょう。

≪ スポンサードリンク ≫

寝起きでキスする時、口臭が気になる|朝から息が臭いときの3つの対処法

寝起きのキスはドラマのように甘くない!

恋愛映画やテレビドラマによくあるこんなシーン。


朝起きると寝ぼけたままの彼女が
先に起きて待っていた恋人にキスをされ
驚きつつもウットリするシーン。


何気ないシーンですが、これは見るのと実際にやるのとでは大違いで
愛を深め合うつもりが、逆に愛を傷つけることもありますので要注意!



寝起きにはお互い強い口臭を抱えており、
もし何の対策も施さずにキスをしたら、
それこそ臭くてキスどころではありません。


もし寝起きでキスをする時は、食事や寝る前の歯磨きに気を使うとか
または最初から寝起きはキスをしないと決めておくことが必要です。

■寝る前に行う3つの口臭対策

@飲み過ぎない!食べ過ぎない!


前日に食べるものや飲むもので、翌朝の口臭が
全然違うことは覚えておいて下さい。


まずお酒ですが、お酒を飲む方ならお分かりかと思いますが
お酒を飲むとアルコールの分解にたくさんの水分を必要とするため、
体が脱水症状になり、口の中が乾燥し寝起きの口臭が強くなります。



また、脂っこい料理や濃い味付けのものをたくさん食べた場合でも、
塩分を排出するため、体が水分不足になり唾液分泌量が減少します。


朝起きると口の中が乾燥したりネバネバしますので、
前日の食事はお酒の量を減らし、味の濃いものは避けることです。

A「歯磨き」+「舌磨き」+「歯茎磨き」


寝起きの口臭の原因は@の唾液の分泌量が減ることと
もう1つ、「細菌」が除去できていないことの2つ。


歯磨きで磨くのは歯だけです。
その他の舌や歯茎に付着した「口内細菌」は除去しておらず、
これが寝起きのネバネバや口臭の原因になります。



翌日寝起きにキスをする予定がある場合は
寝る前の歯磨きにプラスして
「舌磨き」「歯茎磨き」を行ってみて下さい。


朝でも口の中がネバネバしませんし、口臭もかなり抑えられ
相手から息が臭いとか口くさいと言われる心配がなくなります。

Bダメ押しのマウスウォッシュ!


@とAで寝起きの口臭対策はバッチリですが、
それでも歯並びが悪く口を開けて寝る人の場合、
どうしても寝起きの口臭が他の人よりも気になります。


そういう時は、ダメ押しに
「マウスウォッシュ」を使用してみて下さい。


マウスウォッシュは口に残った口内細菌を殺菌する効果があり、
歯磨きでも除去できなかった汚れをカバーするのに最適です。


マウスウォッシュを使う場合は、口のすみずみまで行き渡らせるように
少量を口に含んで口の中を前歯、左頬、右頬の3つのブロックに分けて
各ブロックごとにクチュクチュすると殺菌効果と口臭予防効果が高まります。



朝起きにキスすることが嫌な場合は、きっぱり断ることも大事ですが
断ることが苦手だったり、なかなか言いにくくて困っている場合は
対策をしてからトライするといい結果につながるかと思います。
●歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

≪ スポンサードリンク ≫

朝のお口のネバネバを解消する方法|健康なピンクの歯茎になりたい方必見

歯磨きでも洗口液でもダメならコレ!

寝起きのネバネバ対策というと丁寧な歯磨きと、
口に含んでクチュクチュする洗口液を使った対策が一般的です。


洗口液を使った直後は口の中がサッパリして爽快感があります。
しかし、朝になるとネバネバに戻っているケースがほとんど。


洗口液でも効果がなかった方には、別の対策が必要です。
そこで、朝のネバネバに効果抜群のある対策をご紹介します。

■歯茎も健康になるネバネバ対策とは?

寝起きにいつもネバネバする原因は
ズバリ口の中の「細菌」にあります。


朝起きると口の中、とくに歯茎がネバネバして気持ちが悪いですが、
そのネバネバを顕微鏡で観察すると、たくさんの種類の細菌が確認できます。


ネバネバの正体はたくさんの細菌が集まってできた「細菌の塊」で
この細菌の塊は別に「歯垢(プラーク)」とも呼ばれ
粘つきによる口の不快感だけでなく歯周病の原因ともされています。


歯垢(プラーク)は歯の表面や歯茎にネバネバした物質を出して
しっかり付着するため、うがいなどでは十分に落とすことができません。


歯の表面だけでなく歯茎にも歯垢は付着していますので、
忘れないように歯ブラシなどでしっかり磨くことが大切です。


歯茎を磨くことは口のネバネバと寝起きの口臭を解消するだけでなく、
歯茎をマッサージする効果もあり、滞った歯茎の血行も改善します。



滞りがちだった歯茎の血流が改善すると、不健康だった歯茎に
新鮮な栄養と酸素が届くため、歯茎がピンク色になるだけでなく、
歯茎が引き締まり歯周病の予防にもいい言われています。

◇歯茎を磨くのは舌ブラシがいいかも

歯茎を磨くときは、毛先の柔らかい歯ブラシでもいいのですが、
ヘッドが真っ直ぐで歯茎を磨こうとすると頬が邪魔でうまく磨けません。


それに磨いてみると分かりますが、
磨くのにけっこう時間がかかります。


ここからはあくまでも個人的な意見ですが、
試してみて良かったのはブラシの毛先も柔らかく、
歯茎と頬の狭い隙間にもすんなり入る「舌ブラシ」です。


「舌ブラシ」はヘッドが平たくしかもT字型になっているので
前歯も奥歯も歯茎の深いところまで届き、短時間でキレイに掃除できます。


しかも、デリケートな舌を磨くものなので、歯茎に傷がついたり
出血して赤くなることはなく、安心してご利用いただけます。



マッサージ効果もあって、2週間も使うと歯茎の状態が全然違ってきます。


朝のネバネバ対策にはもちろん、
中高年から増加すると言われる歯周病にもいいので


キレイな若々しい歯茎をいつまでも保ちたい方は
だまされたと思って1度試してみて下さい。

≪ スポンサードリンク ≫

寝起きの口臭を防ぐ間違った方法|歯磨き粉の選び方はオーラルケアで重要

寝起きの口臭は歯磨き粉が原因かも?

朝起きて口から強い口臭がする原因はいろいろあります。


お酒を飲んだまま、歯を磨かずそのまま寝てしまったり
ストレスや疲れで免疫力が低下して唾液が少なくなったり
はたまた鼻がつまって口で呼吸をして口の中が乾燥するなど・・・


しかし生活習慣に気をつけて、毎日きちんと歯磨きしても
口臭があるのであれば、使っている歯磨き粉に原因があるのかも。


歯磨き粉には3種類あります。

「化粧品」

「医薬部外品」

「医薬品」


多くの人が使っている「化粧品」に該当する歯磨き粉は
スーパーやドラッグストアに行くと1本100円前後で手に入るのですが
安い価格で買えるメリットと同時に当然デメリットが存在します。

■安い歯磨き粉のデメリットとは?

安い歯磨き粉には口がアワアワになる「発泡剤」と
体に悪いとされる「合成界面活性剤」が配合されています。


発泡剤が配合されていると、口がアワアワになるため
汚れが残る「ササッと磨き」になりやすいのが特徴。


口臭を防ぐためには歯磨きにある程度の時間は必要で
発泡剤の歯磨き粉は、磨いた後はサッパリしていますが、
しばらく時間が経つと元の強い口臭に戻るので要注意!



また、安い歯磨き粉には体に悪いとされる
「合成界面活性剤」が使われています。


「合成界面活性剤」は食器を洗う洗剤にも使われている成分で
頑固な油汚れをよく落とす強い洗浄力に特徴があります。


しかし、食器を洗うと肌荒れを起こすように
必要以上にお肌から油分を奪うため、
お肌や体への負担もかなり大きいです。


口の中でも合成界面活性剤はダメージを与えて、
歯茎の色が悪くなったり、口の中が荒れる原因になりますので
オーラルケアの面から考えて、安い歯磨き粉を使い続けるのは危険です。

■こんな歯磨き粉がおすすめ

きちんと歯を磨いているのに寝起きの口臭がするのは、
安い化粧品の歯磨き粉が原因かもしれないと申し上げました。


歯磨き粉を選ぶ際に気をつけていただきたいのは
あまり値段の「安い」ものにしないことです。



値段が安いとそれだけコストを抑えるために
体に良くない成分を使うことが多いからです。


特に中高年の方は加齢とともに体が衰えるように
お口の環境も悪化して、歯磨き粉の影響が出やすいです。


そういうことから最近では1本1000円前後する高級な歯磨き粉や、
なた豆やプロポリスなどの素材にこだわった薬用歯磨き粉、
口内環境を整える生きた乳酸菌を配合した歯磨き粉が人気です。



食べたものを最初に消化する所が口であることからも
体の健康とも密接につながりがあると言われています。


寝起きの口臭が気になるタイミングで
適切に対処しておくといいかと思います。

≪ スポンサードリンク ≫

寝起きの口臭を今日から予防!朝から口が乾くのはこんな食事が原因かも

きちんと歯磨きしても朝の口臭が解消しない!

誰でも朝の口臭が気になり始めると、夜寝る前に
きちんと歯を磨くようになると思います。


でも、それで改善できれば何の問題もないのですが
朝の口臭が厄介な所は、きちんと夜寝る前歯磨きしても
朝起きるとやっぱり口臭がすることではないでしょうか?



朝起きると口の中がネバネバし、枕から漂う自分の口臭で
起こされることがあると、1日暗い気持ちになると思います。

■歯磨きで朝の口臭が改善しない理由

どうしてきちんと歯磨きしても寝起きに口臭がするのか?


原因は人それぞれお口の状況により異なりますが、
どんな人にも1つだけ共通して言えること。


それは歯磨きしているつもりでも口臭やネバネバの原因である
「口内細菌」をキレイに除去できていないことにあります。



お口の中を見ていただくと分かってもらえると思いますが、
口の中には歯の他にも「舌」や「歯茎」などがあります。


歯磨き後でも歯茎や舌を指で触ると、
「ネバネバ」や「ヌルヌル」がありませんか?



もし粘りがあったり嫌な臭いを感じたら、それは舌や歯茎に付着した
口内細菌が歯磨きでもキレイに掃除できていない証拠です。


そういう場合はいつもの歯磨きにプラスして、毛先の柔らかいブラシで
「舌」や「歯茎」など歯以外の箇所もキレイに掃除することを試してみて下さい。


朝起きるといつものように口臭はあると思いますが、きっと
不快になるほど気にならないレベルまで改善できると思います。

■夕食の脂っこい食事で口は乾燥!

もう1つ気をつけていただきたい事があります。
それは寝る前にとる「食事」で起こる「喉の渇き」です。


夕食をスーパーやコンビニ弁当で手軽にすませたり外食ばかりだと、
料理の塩分が多いため体から大量の水分を失うことになり、
口の中が乾燥しやすく朝起きると喉がカラカラになりやすいです。



これも寝起きの口臭が強くなる原因になりますので
気をつけましょう!また喉が弱い人やイガイガしやすい人も
夕食に脂っこいものや塩辛いものは避けるといいかと思います。


また、夕食に重いものを食べると消化不良から胃もたれの原因になります。
寝起きの口臭予防のためにも、新鮮なものやカロリーを抑えた食事が理想です。


重たいものを食べる際は寝る4時間前までにすませること、
そして、十分な水分補給で口が乾かないようにすることが大事です。

≪ スポンサードリンク ≫

朝の口臭対策にはマウスウォッシュ|口のネバネバを解消したい方は必見!

洗口液は使い方を間違うと効果激減!

朝の口臭対策グッズとして寝る前の歯磨きにプラスする形で
洗口液(マウスウォッシュ)を使われる方も多いと思います。


ご使用になると口の中から汚れや細菌がなくなったような
サッパリした爽快な気分になります。


しかし、洗口液を使っても朝から口臭がするときは
表面的な汚れしか取れていないのかもしれません。


お風呂の掃除に例えると、分かっていただけると思いますが、
お風呂場の掃除で液体洗剤をかけて水で洗い流したとしても、
よっぽど強力なものでない限り汚れもカビ(細菌)も落ちません。



たわしやデッキブラシでゴシゴシこすらないと、
しつこい汚れやカビを根こそぎ落とすことはできないのです。


洗口液も同様に、歯はもちろん舌や歯茎についたネバネバした汚れを
きちんと落としていない状態で使用しても効果はあまり期待できません。



洗口液には殺菌成分が含まれていて、口内細菌の繁殖を抑える作用があります。


物理的に汚れを落とす作業のあとに、口内細菌の繁殖を抑える意味で
ご使用になると、使い方として理にかなったことで効果的です。

■洗口液を選ぶ際に気をつけること

ただ洗口液で1つ注意していただきたい点は、
洗口液にはアルコール成分が含まれているものがあることです。


アルコールの成分が高濃度で含まれていると、殺菌力は強いのですが
同時に口の中が乾くほど唾液や水分が奪われることがあります。


口の中が乾いて唾液が減少すると、口内細菌は繁殖しやすくなりますので
洗口液をご使用になる場合は、できれば成分表をご覧になって
アルコール成分の低いものか、ノンアルコールタイプを選ぶといいかと思います。




ちなみに、恋人と寝起きにキスをして失敗した方は、
朝から口臭と口のネバネバを抑える方法をお試し下さい。

≪ スポンサードリンク ≫

大人になってから寝起きに口臭がする3つの原因|歯磨きしても臭い方必見

夜きちんと歯磨きしても朝起きると・・・

寝る前に歯磨きしているのに朝起きると口臭がする。


おそらく歯磨きの後にモンダミンなどの洗口液を使っても
イマイチ効果がないのではないでしょうか?


年齢を重ねると次第に口の中にもその影響が出てきます。
朝の強い口臭であったり、口の中の不快感がそれです。


寝起きは誰でもある程度の口臭はあるものですが、
大人になってから口の中がネバネバして、
自分でも気になるのには3つの原因が考えられます。

@ストレスや疲れで唾液が少なくなる

仕事や育児などで忙しくて疲れがたまると
睡眠時に分泌される唾液の量は低下します。


唾液の量が少ないと朝起きたとき口の中が乾燥し
あのネバネバした独特の不快感を感じることに。


また、睡眠中の唾液が少なくなると口の中の細菌が増殖しますので
細菌が出す口臭物質が増えて、生ゴミのような強い口臭がします。

A歯周病でポケットが深くなる

中高年に多い寝起きの口臭で最も大きな原因は
歯茎からの出血や色が悪くなる「歯周病」によるものです。



とくに歯茎の後退が目立つようであれば要注意!


育児や子育てなどで睡眠不足になると
免疫力が低下して歯周病にかかりやすくなります。


また、歯周病は歯と歯茎の間(歯周ポケット)に食べかすがたまり
それをエサとして細菌が増殖することでも進行します。


歯周ポケットが深いとブラシが奥まで届かないため、
時間をかけてみがいても、寝起きの口臭には効果がありません。



デンタルフロスや歯間ブラシを使って
歯間の掃除をすることはもちろん、
ポケットの中までキレイにすることが大切です。


発売から15年500万本の販売実績!
歯周病専門薬用プロポリスハミガキ【プロポデンタル】


B親知らずが生えて歯並びが悪くなる

若い20代の人で寝起きの口臭が気になる場合、
それは「親知らず」が原因かもしれません。


ご経験があるかもしれませんが、
親知らずは口の1番奥に生えていているので
指で触ったりフロスを通すと嫌なニオイがします。



このことから親知らずと隣の奥歯は虫歯や歯周病になりやすく
寝起きだけでなく普段の口臭にもつながると言われています。


20代になって急に前歯の歯並びが悪くなったり、
寝起きだけでなく、普段の生活でも口臭が気になる場合は
親知らずが生えてきたことを疑ってみて下さい。


親知らずは歯医者でも抜歯をすすめている歯で
斜めや横向きに生えていたり、歯茎に半分埋まっていると
それだけ口臭が強くなる傾向にあります。

≪ スポンサードリンク ≫

寝起きは誰でも口臭がするの?ダイエットで朝ごはんを食べない人は注意!

寝起きの口臭は半端ない!

寝る前きちんと歯を磨いたのに、朝起きると
口の中がネバネバして不快に感じたことはありませんか?


「私だけ?」


寝起きに強い口臭を感じると、落ち込むことがありますが、
「他の人も寝起きは口が臭いのか?」気になると思います。


1日の唾液の分泌量は大人で約1.5リットルと言われています。


唾液には口臭物質を溶かしたり、口の汚れをキレイにする作用があり
口の中に潤いを与えると同時に口臭をある程度抑える効果があります。


しかし、眠っているときは起きているときと比べて
唾液の量が極端に少なくなるため睡眠中は口臭が強くなります。


また、睡眠中はいびきをしたり口を開けて寝ることが多く
唾液が蒸発して口の中が乾燥し、口臭の原因とされる口内細菌が増殖し
寝起きの口臭が1日の中でもっとも強くなると言われています。



この朝の口臭は「生理的な口臭」と言われていて、
子供でも女性でもお年寄りでもみんな強い口臭がするのが特徴です。



生理的な口臭は人間であれば誰にもである口臭で、寝起き以外にも
緊張したときや疲れたとき、女性の場合は月経時に起こる口臭ですので、
自分だけ?とあまり神経質になったり気にする必要はありません。

■朝ごはんを食べないと強い口臭はそのまま!

寝起きの口臭は1日の中でもっとも強いニオイが出ます。


寝起きの強い口臭は朝ご飯を食べると、たくさん唾液が分泌されて解消します。
食事をすることで口の中の汚れは増殖した細菌とともに胃に飲み込まれます。


しかし、気をつけていただきたいのは
朝ごはんをとらない場合です。


忙しかったりダイエット中で朝食をとらない場合は
朝の強い口臭がそのまま残り、電車や人混みの中で
隣の人や周りから嫌な顔をされることがあるかもしれません。



朝から食べないのはダイエットや健康にいい反面、空腹でイライラしたり
コミニケーションがギクシャクして、ストレスの原因に。


朝ごはんを抜くダイエットは
失敗に繋がなりやすいので注意しましょう!



朝何も食べない代わりに歯を磨いたり、洗口液で口を濯いだり
またはガムを噛んで唾液の分泌を促すなど、エチケットは欠かせません。


食事をとらない代わりに栄養バランスのとれた
野菜ジュースや果物を上手に取り入れると、


ダイエットで不足しがちなビタミンやミネラルの
補給ができ、口臭ケアに最適かと思います。

≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top