« スポンサードリンク »
ホーム »   親知らず

奥歯と親知らずのキレイになる磨き方|歯磨きしても消えない口臭を消す

親知らずは歯ブラシだけでは磨けない!

歯をいくら磨いても消えない口臭があります。


サプリメントやデンタルリンスなどの口臭予防グッズを試しても
全く効果がないため、悩みの原因になるしつこい口臭です。


ですが、その歯磨きでも消えなかったしつこい口臭が
親知らずをキレイにすることで、消えることがあります。


親知らずは口の一番奥にある歯で磨くのが一番難しい歯です。


親知らずの歯磨きが不十分だと強い口臭だけではなく、
虫歯や歯周病になって歯を失う原因にもなります。



とくに親知らずがまっすぐ生えておらず、
奥歯に倒れるように傾いて生えている場合は
リスクはさらに高くなるので注意が必要です。

■親知らずをキレイに磨く方法

親知らずをキレイにするためには、
普通の歯ブラシでは不可能ですので、
奥歯と親知らず専用に特別な道具を用意します。

「用意する道具」

● ヘッドの小さい歯ブラシ

● Y字型フロス


「奥歯と親知らずの磨き方」

ヘッドの小さいブラシで歯茎を傷つけないように
小刻みに動かしながら全体的に親知らずと奥歯を磨きます。


ヘッドが小さいと狭い隙間でも動かしやすく
奥歯を磨くときも小回りがきいて便利です。


歯の表面の汚れはこれで十分キレイにできます。


その後、「強い口臭の原因」となる
奥歯と親知らずの間にたまった汚れを落とします。


ここは普通のデンタルフロスでは、動きも制限されて
上手に磨けませんので、奥歯でも簡単に通せる
「Y字型」のデンタルフロスを使って磨きます。



「Y字型」のフロスは、口の奥に入りやすくデンタルフロスのように
口を大きく開ける必要がなく楽に奥歯と親知らずの間を磨けます。



あと気になるポイントは、
親知らずの「奥の面」です。



ここは見落とされがちですが、ここにも汚れがたまりますので
フロスを歯面に添わせるように磨いて汚れを除去します。


フロスを通すとはじめは血が出たり強いアンモニア臭がしますが、
毎日続けていくうちに血が出なくなり、臭いも次第に消えます。


ブラシで磨いたりフロスを通しても臭いがしなくなったら、
口臭だけでなく奥歯の歯周病ケアもバッチリです。

≪ スポンサードリンク ≫

親知らずの抜歯で顔の形が変わる3つの理由|歯を抜くと小顔になれる?

親知らずを抜く小顔になれる??

親知らずのことで気になるのは口臭以外にも
「小顔」になったり、顔の形が変わって輪郭がすっきりする話。


映画俳優の方が役作りのために何本も歯を抜いた有名な話がありますが、
画面で見る限り以前より顔が小さくなった印象はあります。



親知らず以外の歯を抜くと顔の形は変わりますが、
歯を抜いてそのままにしておくと歯並びに影響が出ますので
親知らず以外の抜歯は要注意です。


ところで、親知らずが生えてきたせいで、
顔が大きくなったという話もあります。


親知らずが生えるころには顎の骨の成長が終わっていますので
親知らずのせいで顔が大きくなることはまずありません。


親知らずが歯茎に半分埋まっている状態だと
歯茎によく炎症が起きて大きく腫れますので、
顔が大きくなることはあるかもしれません。

■親知らずを抜くと顔の形が変わる3つの理由

@抜歯でアゴの骨が痩せる!


歯がなくなると噛む力が伝わらなりアゴの骨が痩せます。


ケガをして入院された方はきっとご経験があると思いますが
筋肉は使わないとどんどん痩せて細くなります。


そのように親知らずに限らず歯を失うと噛む力が伝わらなくなるため
アゴの骨が痩せてしまい、それが顔の形に影響を与えるようです。

A噛み合わせが良くなりスッキリする!


一般的に親知らずは前の奥歯を押すように生えていることが多いため
「かみ合わせ」に影響が出て、寝ている時に「歯ぎしり」をします。


そのため、何もしていないくても顎の筋肉が発達して
「エラが張った」大きめの顔立ちになることがあります。


親知らずを抜歯することで歯ぎしりや噛み締めが少なくなり
発達していた筋肉が戻って、スラっとした輪郭になるようです。

B歯並びが整い見た目が良くなる!


歯並びが悪いと見た目の印象が良くありません。


歯並びの影響は奥歯よりも「前歯」に出やすく
話をしたり笑ったりするとき人目につきます。


親知らずを抜くと歯列に余裕が生まれるため
歯並びがスッキリして、顔の印象が良くなります。


歯並びがスッキリすることでアゴのラインや
口元が引きしまり小顔に見えるのかもしれません。



抜歯によって必ずしも小顔になるわけではありませんが、
かみ合わせが改善されることで噛む力のバランスも良くなるので
アゴに余計な筋肉がつかず丸みのある柔らかい印象に変化します。


親知らずの抜歯はその後のかみ合わせや
歯並びの調整と合わせて行うことで顔の印象を
より小さくキレイに変えることができるようです。

≪ スポンサードリンク ≫

下の親知らずを抜歯するときの注意点|奥歯の奥から常に臭いがする方

下の親知らずを抜くのは歯医者に相談してから!

下の親知らずがまっすぐ生えていない場合、
奥歯との間に汚れがたまり歯茎が炎症を起こして
歯磨きしても口臭が気になります。


親知らず近くの歯茎を指で触ったり、歯ブラシで磨いて
嗅いでにおいがするなら口臭の原因というのは考えられます。



親知らずを抜くことで口臭は改善できますが、
下の親知らずは血管や神経と近い所にあるので
抜歯の際はくれぐれもご注意下さい。


親知らずの抜歯で神経を痛めてしまうと
下アゴの唇から頬に麻痺が残るようになります。



特に20代の若い人たちにはアゴの骨が未発達の人が多く
歯医者に相談して事前に十分な検査をすることが大事です。

■下の親知らずの抜歯が難しい2つの理由

@治りが遅いので感染リスクが高い!


一般的に言うと上の親知らずの抜歯はそれほど心配はいりません。
ですが、下の親知らずは上の親知らずより、抜きにくいそうです。


また、下の親知らずは骨も歯の構造もしっかりしているため
抜歯しても傷の治りが遅く、細菌感染のリスクが高いと言われています。


親知らずの抜歯後に「痛い」とか「顔が腫れる」といった
ネガティブなイメージがあるのは下の親知らずのことです。

A神経に近いため後遺症が残るリスクが!


下の親知らずの近くには
「下歯槽神経(かしそうしんけい)」という
下唇の知覚に麻痺を起こす神経があります。


レントゲンで見ると分かるのですが、
下アゴの骨の中を2本の線(血管と下歯槽神経)
が平行に走っています。


検査もせず不用意に下の親知らずを抜くと
下唇の麻痺や頬にかけて違和感があるなど
「後遺症」が残ることがあります。



実際に抜く場合は、事前にCT撮影などで検査するのはもちろん
担当する先生から十分な説明を受けることをおすすめします。


親知らずを抜くべきかまだ迷っている方へ!
>抜歯のメリットとデメリットをコチラで整理できます。

≪ スポンサードリンク ≫

親知らずを抜くベストタイミングとは?奥歯を磨くといつも臭い人必見!

親知らずは生えたらすぐ抜いた方がトラブル少ない!

親知らずは他の永久歯と同じように生えたばかりは
歯と骨がまだしっかりくっついていないため簡単に抜歯できます。


「親知らずはいつ抜くといいの?」


30代や40代になると歯と骨がしっかりくっつくため
手術に時間がかかって抜くのがとても難しいうえに、
歯の根っこが複雑な形になって抜歯後のトラブルにもつながります。


若い時期の抜歯は傷の治りも早く、骨の回復も簡単ですので
親知らずが生えてきたらなるべく早く抜くといいでしょう。

■女性が親知らずを抜くタイミング

親知らずを残したままだと、歯周病や虫歯で隣の奥歯に影響があります。


とくに女性の場合は妊娠するとつわりやホルモンバランスの影響で
歯磨きができなくなり、親知らずにトラブルが発生しやすいので要注意!



妊娠中に親知らずが腫れて化膿すると麻酔が効かなくなるため
抗生物質をたくさん飲まないといけなくなって、胎児への影響が気になります。


なので、女性の方は10代か20代の妊娠前の抜歯が
「ベストタイミング」と言えそうです。

■季節や自分の体調でベストタイミングを決める!

抜歯の時期は早ければ早いほど、若ければ若いほどいいのですが、
歯茎に炎症があったり腫れて痛みがあると、抜くことはできません。


抜歯後2〜3日は腫れや痛みがピークの時期を迎えますので、
傷口に負担をかける飲酒や運動をひかえ、家で休むようにしましょう。


親知らずの抜歯は体調が万全で歯茎に炎症がない状態で
抜歯後すぐ家に帰って休める、「金曜日の仕事終わり」が理想です。



さらに理想を言えば、季節の変わり目とか「真夏」の
体調が崩れやすい時期は避けるのが良いかと思います。



受験生に関しては、受験が終わって一人暮らしを始める前に
親知らずの抜歯をすませてから引越しをするのが理想です。



口臭ケアも完璧で新生活にも弾みがつき、いいスタートが切れます。
受験を終えて一息ついて体調もいい時を選んで行うといいと思います。

≪ スポンサードリンク ≫

親知らず抜歯後の口臭対策|虫歯にならない乳酸菌のタブレットがいいかも

親知らずを抜いた後の新しい口臭ケア!

口臭の原因だと思って親知らずを抜くと
その親知らずの傷口からキツい口臭がするようになります。


この口臭は抜歯した「傷口」に入る食べかすが原因で、
傷が治る約1月ほどすると自然に解消されるようです。



ただ、その間は自分でも確認できるほど強い口臭で
過ごさなければなりませんので、口臭ケアが必要です。


歯磨き、うがいをやりすぎると「ドライソケット」になって
傷口の痛みが続いて再治療が必要になりますので、
食べカスや歯垢などを除去し過ぎるのは好ましくありません。


抜歯後の食には気をつけながらも、汚れを除去するだけではなく、
口内の細菌に働きかけ臭いを緩和する新しい口臭ケアをご紹介します。

■乳酸菌タブレットで細菌バランスを整える!

最近、歯周病対策の歯磨き粉で注目されているのが
腸のように細菌バランスを改善して歯周病を治す方法。


最近の研究で分かったことは口の中には虫歯菌など「悪玉菌」の他に
口内環境を清潔に保つ「善玉菌」がいて、お互いが共存していること。



歯周病の人は悪玉菌が優勢で、
健康な人は善玉菌が優勢になっており
風邪などを引くと免疫力が低下して悪玉菌が優勢になるため
口内環境が悪化し口臭がキツくなるとのことです。


これと同じ方法でマウスウォッシュでうがいしなくても
親知らず抜歯後のヒドイ口臭を抑える方法があります。


生きた乳酸菌をタブレットにした商品で、
口に含んで舐めるだけで細菌バランスを整え
親知らずを抜いた後の口臭を抑えることができます。

乳酸菌で口臭を緩和するメリット


◯ ドライソケットのリスクがないこと

◯ 虫歯になるリスクも抑える

◯ 歯磨きと併用すると効果が高まる

◯ いつでもすぐにケアできる



歯磨きはやる必要はありますが、やり過ぎるといけません。
その判断が自分ではなかなかできず、ストレスになります。


でも、歯磨きに乳酸菌のタブレットを組み合わせることで
ストレスを感じることなく口臭も気にならなくてすみます。



また、抜歯後傷口が感染して歯磨きすると
ヒドイ痛みがする場合もありますが、そんな時にも
乳酸菌で口内環境を改善する方法はいいかと思います。

≪ スポンサードリンク ≫

親知らずを抜歯する費用は3割保険でいくら?歯を抜いた後の食事には注意

親知らずの抜歯は生え方で費用が異なる!

親知らずの抜歯する場合は、まっすぐ生えている簡単なケースと
斜めに生えていたり完全に埋まっている場合で費用は異なります。


◯簡単なケース(まっすぐ生えている場合)の費用・・・900円〜1500円

◯難しいケース(完全に埋まっている場合)の費用・・・3000円



手術費用とは別に初診料やレントゲン撮影料なども含めると
親知らず一本を抜歯する費用は合計で約「5000円」くらいです。



ただ、抜歯後の経過は手術を行う人の腕によって違ってきますので
抜歯経験の豊富な歯医者さんを選んで抜歯すると安全です。


親知らずの抜歯経験がもっとも豊富なのは大学の口腔外科の先生で、
矯正で親知らずを抜く方もいますが、歯列矯正を行う先生は
一度も歯を抜いた経験がない場合もありますので、
歯医者をいったん変えて大学で抜いてからの方がより安全です。

■親知らず抜歯後の食事で気をつけること

親知らずを抜いたあと食事は基本的にはなんでも食べていいようです。


ただし、せんべいなどの硬いものや唐辛子など刺激の強い食べ物は
傷口を刺激して痛みを誘発しますので、アルコール類とともに避けて下さい。



なので、手術前日は美味しい物をたくさん食べて臨まれるといいと思います。


傷口が塞がるまでは歯応えのある固形物は避けて
柔らかいおかゆなどの食事がおすすめです。



術後は何もしていないときは痛みはありませんが、
やはり食べたり飲んだりすると多少ヒリヒリします。


一週間ほどで傷口が塞がってくるとその痛みも次第に緩和されます。


傷口が塞がるまでは食べたものが傷口に入って口臭が気になりますが、
うがいをしたり爪楊枝で取ると「ドライソケット」になって
痛みが長引いたり、再治療の必要がありますので気をつけて下さい。



なお、傷口に入った食べ物が発酵してその酸が傷口を刺激するため
痛みが発生することがありますが、その場合は歯医者に行くと
食べかすを吸引して痛みが取れますので参考にしてみて下さい。


親知らずを抜歯すると、どれくらい口臭が続くのか気になる方。
>親知らずの抜歯後、臭いが残る期間はどれくらい?

≪ スポンサードリンク ≫

親知らずの歯茎が腫れて痛みが何度もある|口臭もあるなら抜歯がおすすめ

疲れやストレスがあると親知らずが腫れて痛む!

仕事が忙しかったり、ストレスがたまると
口の一番奥になる親知らず付近の歯茎が腫れて痛むことがあります。


親知らずがまっすぐ正常に生えていると
そういうトラブルは少ないですが、


横向きに生えていたり、隣の歯の方に傾いて生えていたりすると
汚れが溜まりやすく炎症を起こして、腫れや痛みの原因になります。



また、疲れている時も免疫力が低下するため
細菌に負けて歯茎が炎症を起こしやすくなります。


とくに親知らずが歯茎から頭が少し出ているケースでは
歯と歯茎の間に食べかすや細菌が溜まりやすく、
歯茎が腫れや痛みが治らず長引くのが特徴です。

■歯茎が腫れて何度も痛むようなら抜歯がおすすめ

親知らずは永久歯の中で1番遅くに生えてきて
早い人だと15歳から、遅い人でも25歳までに生えます。


親知らずは一番奥にあるため、歯磨きが難しく
隣の奥歯との間でさまざまなトラブルを引き起こします。


生えてくる形にもよりますが、


横向きだったり半分埋没した形で生えていると
ヘッドの大きい歯ブラシでは磨けず、歯間ブラシやデンタルフロスでも
汚れが残って歯茎の腫れや痛みが起きやすくなります。



そのため親知らずがまっすぐ生えていない場合は
歯医者でも早い段階での抜歯をすすめているようです。



抜歯によって歯茎の腫れや痛みから開放されますが
歯磨きも楽になるため口の中の衛生状態もよくなります。


また、しつこい口臭からも開放されますので
人と接する機会が多い方にはおすすめです。


ただし、親知らずを抜くには口腔外科か歯医者での手術が必要です。
親知らずを抜歯するときにかかる費用は1本いくら?

≪ スポンサードリンク ≫

親知らずの抜歯後、臭いが残る期間|口臭が気になっても歯磨きは控えめに

親知らずを抜いてから口臭がずっと気になる!

口臭の原因だと思っていた親知らずですが、抜歯しても
しばらくはヒドイ口臭に悩まされることになります。


とくに親知らずが横に生えていたり、半分埋没して生えていると
歯茎を切開するため傷口が大きく、完治するのに時間もかかります。


その期間は傷口に食べカスや細菌が入ってしまうため、
自分でも分かるほど口の中で生肉を蒸焼きにしているような
「ひどい臭い」がします。



親知らずを抜いて、5日目から匂いが気になり始め、
それが約1月ほど続くのが一般的です。



その期間は口臭が気になっても歯磨きをやり過ぎるは控えて下さい。
逆に傷口の治りが悪くなって口臭が長引く可能性があります。

■抜歯後の口臭はとにかく我慢が大事!

抜歯後はとくに口臭が気になるため、つい歯磨きをやりすぎてしまいます。


口臭が気になるからと、あまり歯磨きやうがいをやり過ぎると、
傷口にできた「血餅」というかさぶたの役割を果たすものも
一緒に洗い流してしまい、骨がむき出しになって
痛みだけでなく口臭も残りますので要注意!



これは「ドライソケット」と呼ばれるもので、傷の治りが悪く
自分ではどうにもなりませんので再治療が必要になります。


親知らずを抜いた後は強い口臭が気になりますが、それは誰でも同じ。
抜歯後の臭いを我慢できずに、逃げようとするとあとで後悔します。


歯磨きは傷口を見てかさぶたを洗い流さないように慎重に磨くことが大事。
ヘッドの小さい歯ブラシだと小回りがきいて良いかと思います。


マウスウォッシュのやり過ぎでもかさぶたが流れてしまいますので、
傷口が塞がる一ヶ月はひたすら臭いに耐える他ありません。



それでも臭いが気になる場合は傷口に負担をかけないガムやマスク
他にも口臭を抑える乳酸菌タブレットなどで対処するのがベストです。


傷口が治ってくるとだんだん臭いもなくなってきますので
最初の1週間〜2週間がもっとも大変な時期になります。

≪ スポンサードリンク ≫

親知らずは口臭の原因になるのか?奥歯に食べ物がよく挟まる人は要注意

親知らずが生えてから口臭が気になる

親知らずは永久歯の中で最も遅い「20歳前後」で生えてきます。


奥歯のさらに奥に生えてくるため、汚れがたまりやすく
虫歯や歯周病の原因になりやすい傾向にあるようです。


そのため、親知らずが生えてきてから
口臭がするようになったとか、
口臭を人から指摘されるケースがあります。



親知らずの周辺が臭いのは
「虫歯」が原因ではありません。



虫歯だと歯自体に臭いはありますが、
歯茎を指で触っても臭くなることはないからです。


デンタルフロスや歯間ブラシで歯と歯の間を磨いて臭いがするなら
虫歯が原因ではなく、食べかすが詰まる「歯周病」が原因と考えて下さい。



親知らずが生えてくると必ずしも口臭がするわけではありませんが
傾いて横向きに生えている場合や、半分埋もれて生えている場合だと
歯茎と歯の隙間や手前の歯との間に汚れがたまりやすくなります。



食事をしていつも食べ物が挟まるようであれば、
口臭の原因は親知らずの可能性が高いと言えます。


また、どうしても臭いが消えない場合は
歯医者に行って一度相談されるといいと思います。

■抜歯したくない人の場合

口臭の原因であっても必ずしも親知らずを抜歯する必要はありません。


手前の歯と同じように生えており歯磨きでも特に問題がなければ
自分の大切な歯ですから、残しておきたいと思うのは当然です。


また、親知らずの抜歯は手術後トラブルの原因にもなります。


上の親知らずの抜歯よりも下の方が手術の難易度は高く
それだけ手術の経験や抜歯の技術がしっかりしたお医者さんでないと

のちのちのトラブルにつながりますので、抜歯する際は気をつけて下さい。



親知らずのケアはいつもの歯磨きに加えて
歯間ブラシ、デンタルフロスなどで食べ物がはさまりやすい歯間を
キレイにすることで口臭も抑えられ、歯周病も予防できます。


なお、口が大きく開けられない女性の方や口が小さい方は
奥まで手が入らず歯間ブラシでも磨きにくいことがあります。


そういうケースでは、「ワンタフトブラシ」という
先の細いブラシで磨くと親知らずのお手入れがスムーズにはかどります。
毎日のケアで自分の歯を残したい方はぜひ一度試してみて下さい。


親知らずの臭いが気になって抜歯を考えている方へ
抜歯前に知っておきたい親知らず抜歯のメリットとデメリット!

≪ スポンサードリンク ≫

親知らずを抜くべきか迷っている方|抜歯した場合のメリットとデメリット

親知らずを抜歯するかしないかの基準

親知らずは早い人では15歳から生えてきて、
だいたい18〜20歳の頃に生えそろうのが一般的です。


その親知らずですが、歯ブラシでこすったり
指で触って匂いを嗅ぐと臭くて口臭の原因と言われています。


そのため親知らずを口臭の原因として抜歯する方がいます。


隣の歯や噛み合わせや歯並びなど、他の歯に影響がある場合は
抜歯するのも当然と思いますが、口臭がするだけで
他の歯に悪い影響がない場合は本当にそれがいいのか疑問です。



そこで親知らずを抜歯した場合のメリットとデメリットをご紹介します。

■親知らずを抜歯するメリット

メリット一覧


◯ 歯磨きがしやすくなる

◯ 親知らずが原因の口臭が解消される

◯ 歯並びが悪くならない

◯ 妊娠期間は母子共に安心


親知らずの最大の問題点は「磨きにくい」こと。


そのため食べカスや歯垢がたまり
歯周病や虫歯、そして口臭の原因になることです。


また、親知らずが生えてくると
それだけ歯列のスペースが狭くなり
前歯の歯並びが乱れ、「噛み合わせ」に影響します。



女性の場合気をつけていただきたいのは妊娠〜出産後です。


妊娠するとホルモンバランスの影響で
親知らずが激しく痛むケースがあります。


妊娠中は治療で抗生物質や麻酔などが制限されてしまうため、
たとえひどい痛みがあっても親知らずは抜歯できないそうです。



そのため、妊娠する前に親知らずを抜歯することが勧められています。

■親知らずを抜歯するデメリット

親知らずの抜歯は多くの歯医者さんがすすめています。
しかし、親知らずを抜くことはメリットだけなのかと疑問です。


というのは、口の中に意味もなく生えてくる歯が
あるとは思えないからです。親知らずも抜くことで
何か重大な問題が起こるかもしれません。


そこで親知らずを抜歯する場合のデメリットをご紹介します。

デメリット一覧


● 傷が治る一ヶ月は口臭を我慢しなければならない

● 場合によっては再治療が必要

● 顎の神経に影響が出る場合がある

● 親知らずの移植ができなくなる



まず、口臭が原因で親知らずの抜歯をしても
傷口が塞がる1ヶ月間はヒドイ口臭を覚悟しなければなりません。


傷が治るまでは抜歯したところには食べかすがたまりやすく
マウスウォッシュやイソジンでうがいしても強い口臭が残ります。


あと虫歯などで「奥歯」の抜歯を考えている人は親知らずを
「奥歯のスペア」として移植できることを覚えておいて下さい。



親知らずは虫歯になりやすい「奥歯」に移植できますので
すでに神経を取っている場合や大きく欠けて抜歯寸前の場合は
奥歯を抜くまで親知らずの抜歯は控えた方がいいと思います。



親知らずは確かに磨きにくく口臭が気になる歯ですが、
虫歯で奥歯を失ったとしても、スペアタイヤみたいに交換できます。


食事の美味しさやお手入れの面でも、
自分の歯に叶うものはありません!



歯を失うとインプラントや入れ歯などの人工歯しか選択肢はありませんが
親知らずが残っていると自分の歯をもう一度復活させることができます。

≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。