« スポンサードリンク »
ホーム »   歯肉炎

どうしても歯肉炎の治療を自宅でしたい人|スクラビング法の歯磨きとは?

「歯肉炎」と診断されたら!

歯医者や歯科検診で「歯肉炎」と診断された場合、
いきなりでどうしていいのか分からないと思います。


「歯肉炎」とは簡単に言うと、
歯茎が炎症を起こしている状態のことを言います。


具体的な症状としては、下の項目があります。

◯ 歯を磨くと出血する

◯ 歯茎の色が赤く腫れている

◯ 歯茎は下がっていない


よく口の中がネバネバするといいますが、
このネバネバの正体が「歯垢」というもので、
これが歯の表面に付くとはがれないでどんどん増えます。


そして、毒素や酵素を出しあるいは歯垢自体が
歯茎に刺激を与えるため歯茎が炎症を起こすわけです。



歯肉炎を軽く見てそのままにしておくと
症状はますます悪化します。


歯茎の炎症が進むと歯茎の中にある歯槽骨が溶ける
「歯周炎(ししゅうえん)」と呼ばれるものに変わります。


「歯周炎(ししゅうえん)」は歯茎が下がったり痩せるのが特徴で、
歯が伸びて長く見えたり、ブラック・トライアングルと呼ばれる
歯と歯の間に大きな隙間ができて食べカスが詰まりやすくなります。


歯肉炎はしっかり「歯磨き」をやれば自宅での治療も可能です!


歯茎の退縮や老化を防ぐためには、
歯周炎になる前の歯肉炎の段階での対処が肝です。


では、歯肉炎への対処を詳しく見て行きましょう。

■歯肉炎の治療方法

歯肉炎の最大の原因は「歯垢」なので、
歯垢を取り除くことで治療になります。


磨き残した歯垢を取り除くには、
何よりまず「ブラッシング」です。



上手にブラッシングをおこなえば、歯垢はほとんど取ることができるし、
歯茎も引き締まって浅い歯周ポケットならかなり修復されます。


ブラッシングの目的は、歯の表面に付いた歯垢を取ることなので、
取れればどんなやり方でも良いのですが、ブラッシングで歯茎を
傷つけてしまうこともあるので、この点だけは注意して下さい。


歯肉炎を回復させるブラッシングのやり方で、
最も簡単で清掃効果の高いものは「スクラビング法」です。


「スクラビング法」は歯と歯茎に歯ブラシの毛を直角に当て
小刻みに前後に振動させて磨きます。


振動幅は2〜3ミリで、20回くらい振動させます。


そのとき1番大事なことは、歯ブラシの毛の一部が
必ず歯茎に触れているようにすることです。



歯の内側なら歯ブラシの毛を少し斜めにあて、
同じように小刻みに前後に振動させます。


このやり方で、全部の歯をブラッシングしていくと
本当に口の中がサッパリしますし、歯をキレイにすると同時に
歯と歯ぐきの境目の歯垢を簡単に取り除くことができます。

≪ スポンサードリンク ≫

歯肉炎が進行するとどうなるの?歯周ポケットに歯石がたまる危険性!

歯肉炎の進行を示すサイン!

歯肉炎は歯周病の初期にあらわれる
「歯茎の炎症」のことを指します。


初期というように、これはまだ
歯周病の入り口にしか過ぎません。


歯肉炎をそのまま放置しておくと、
歯周病はドンドン進行します。


「進行するとどうなるの?」


歯肉炎は、歯茎の炎症だけですみますが、
次に起こるは、「歯茎の破壊」です。


具体的に言うと、
歯と歯茎の間に「深い溝」ができます。


つまり、食べカスなどの汚れが、
歯と歯茎の隙間(歯肉溝)に
たまりやすくなるのです。

■歯周ポケットができる過程

健康な歯肉溝の深さは「1〜2mm」です。


歯肉炎では、歯茎が腫れますので、
歯肉溝の深さが「2mm」以上になります。


「2mm」というと、
あまり大したことないと思いますが、
実は、歯肉溝の深さが2mm以上になると、
「歯周ポケット」に変わります。


歯周ポケットが怖いのは、そこに汚れがたまりやすく
ゴミと同じで汚れから「毒素」や「酵素」が出て
知らないうちに歯茎が破壊されていくことです。



ある日、鏡を見て「あれ・・・歯茎減った!?」


そう思われた方は、歯周ポケットの存在に気づかず
大事な歯茎を失っていたことになります。


そして、この頃になると、
歯みがきしても口の中がネバネバして、
いつも口臭が気になるようにもなります。

歯周ポケットに歯石ができる危険性!

歯周ポケットが深くなると、
そこに「歯石」ができる!


これを聞いて「?」と思われた方や
驚いた方は、ぜひ続きを読んで下さい。


歯石はその名の通り、歯にできる石のことで、
さわると固くてザラザラしています。


この歯石が歯周ポケットの中にできると、
ちょうどポケットに石を詰めたように、
手(ブラシ)が奥に届かなくなるのです。


そうなると、汚れは溜まりっぱなしのまま
歯茎の炎症であった「歯肉炎」が
次の段階「歯周炎」へと進行します。



歯周炎の特徴は、ズバリ「歯茎の破壊」です。


歯周ポケットの奥からドンドン
歯茎が消えていきます。



「歯周炎」は、自宅では治せません。


歯周炎で歯茎が痩せると、ドラキュラのように
歯がどんどん伸びて気味が悪くなりますので
歯医者に通って治療を受けないと手遅れになります。


ちなみに、歯周炎になる前の「歯肉炎」であれば、
自宅の歯みがきで十分対処できます。
※歯肉炎をで治す歯みがき法とは?

≪ スポンサードリンク ≫

軽い歯肉炎は自宅で治療できる!歯茎からよく血が出て赤い方へ

軽い歯肉炎なら自宅でも治せる!

歯肉炎になると、その典型的な症状として見られるのが
歯磨きをすると出血したり歯茎の色が赤くなることです。


あと、よく見ると歯と歯の間の歯茎が
「丸く」なっていませんか?


健康な歯茎は歯と歯の間が
キレイな三角形をしているのが特徴で
触ると硬くて引き締まっています。



また、歯肉炎になって困るのは、
歯茎のことだけではありません。


朝起きると口の中がネバネバして、
寝起きの口臭も強くなるので注意しましょう。

■歯肉炎を治すポイント

歯肉炎の治療のポイントは、


歯みがきで「歯垢(プラーク)」を
取り除き、口の中を清潔に保つこと!



「たったこれだけ??」


そうです。しかし、
コレがなかなか難しい・・・


歯肉炎は、歯周病の初期段階であるため
丁寧な歯みがきを続けることで治ります。


ですが、歯みがきを毎日している人でも
歯肉炎になりますし、プロである歯医者さんでも
歯肉炎になってしまう人もいますので、
きちんとした正しいやり方で行う必要があります。

■正しい歯みがきとは?

まずはブラッシングが1番大事!
これが適当ではダメです。


歯肉炎を治すブラッシングの方法は、
歯と歯茎の境目をキレイにすることに
「ポイント」があります。



歯と歯茎の境目には歯垢がたまりやすく、
それが歯肉炎の主な原因となるからです。


具体的なやり方としては、


歯と歯茎の境目に歯ブラシを45度に当てて、
小刻み左右に振動させながら磨く「バス法」が最適です。



ただし、歯並びが悪く
歯がガタガタしている人は
これだけでは歯垢が取れません。


少し手間がかかりますが、
かかりつけの歯医者さんで自分の歯並びや
歯茎に合わせたブラッシングを教わるのがベストです。



また、どうしても歯医者に行きたくない方や
行く時間がない方は歯みがきに関する本を
参考にすると、良いかと思います。


歯みがき本はたくさんありますので、
その中から詳しい図解入りのものを選んで
手元において参考にされると良いでしょう。


ちなみに、歯肉炎が治ったかどうかは、
歯茎の色(ピンク色)と形(3角形)、あとは
触ったときの「感触」で判断するとよく分かりますよ。

≪ スポンサードリンク ≫

そもそも「歯肉炎」とは何?不健康な歯茎を見分けるポイント!

CMでも耳にする歯肉炎とは?

口のトラブルで多いのは虫歯ともう一つが「歯周病」です。


歯周病という言葉は歯磨き粉などのテレビCMよく聞きますが、
似たような言葉で「歯肉炎」というものも出てきます。


似たような名前で何が違うのか区別するのは難しいですが、
歯肉炎は歯周病の初期段階の呼び方と捉えると良いかと思います。


歯周病は進行具合によって呼び方を別けます。


初期の歯周病を「歯肉炎(しにくえん)」

中期の歯周病を「歯周炎(ししゅうえん)」

後期の歯周病を「歯槽膿漏(しそうのうのう)」



歯茎に炎症が見られる初期の歯周病を「歯肉炎」といい、
それが進行して歯がグラグラするのを「歯周炎」といいます。


どちらも同じ歯周病ですが、症状の深刻さや進行状況が異なります。

歯肉炎は歯茎で見分ける!

赤ちゃんの歯茎は健康でキレイなピンク色をしています。
歯と歯の間をよく見ると歯茎が尖った三角形をしているのが分かります。


歯肉炎は歯みがきが不十分なために、
歯垢が残り歯茎に炎症を起こして腫れるのが特徴です。


そのため、鏡で歯茎を見て「赤い」場合は、
ほぼ歯肉炎と考えて間違いありません。


歯肉炎の起きやすいところは、
歯と歯の間や歯と歯茎の境目で
歯肉炎になると炎症を起こして腫れますので、
形が丸みを帯びて少し膨れた状態になります。


そして、もう1つ歯肉炎の症状で分かりやすいのは
歯を磨いているときに歯茎から「血が出る」ことです。



痛みがないため歯磨きに支障はないのですが、
歯磨きで少しの刺激を与えると
炎症を起こしている箇所から血がにじみ出てきます。

歯肉炎対策!

歯肉炎は同じ歯周病でも歯周炎や歯槽膿漏と比べると
治療が簡単なのが特徴で、歯磨きだけで治すことができます。


歯肉炎が進行した「歯周炎」や「歯槽膿漏」になると
歯磨きだけで治すことは不可能です。


歯茎を切る外科手術が必要な場合もあり
治療が困難になることだけは憶えておいて下さい。
(最悪、他の大切な歯を守るために抜歯の可能性もあります)


歯肉炎は早い段階での治療がベスト!
時間もかからず治療効果も高いです。



また、費用も安く抑えることができますので、
ぜひ、毎日の歯みがきを見直してみてください。

≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。