« スポンサードリンク »
ホーム »   インプラント
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

インプラントを仮歯のまま放置するとどうなるの?仮歯1本当たりの相場

手術直後に入る「仮歯」の役割!

インプラントの治療はまず、
「人工歯根(インプラント体)」を
アゴの骨に埋めることから始まります。


そして、人工歯根がアゴの骨にしっかり定着した後、
被せ物である「人工歯」を装着して完了となります。


手術をしてから人工歯ができるまでの間、
「歯のない」不快な状態がつづきます。


この期間、歯のない状態を
防ぐのが「仮歯」の役割です。



仮歯を入れることで、治療が終わるまで
普通に食事をしたり会話を楽しむことができます。


また、仮歯は人工歯を入れるまでの間に、
形やサイズの微調整が繰り返し行われます。


こうすることで、最終的に入れられる人工歯を
もっとも良い状態にすることができるわけです。

◇仮歯のまま治療を終えると・・・

仮歯は最終的に入れられる人工歯と異なり、
そもそも一時的に使えるものとして、
調整がしやすい素材(プラスチック)でできています。


つまり、形の修正がしやすい反面、耐久性が弱く、
1ヶ月も使用するとだんだんすり減って
噛み合わせがズレる欠点があるのです。



もし、仮歯のまま1ヶ月以上も治療を放置すると、
インプラント体へ強い衝撃が伝わるようになり、
手術で埋めた人工歯根が「抜け落ちる」原因となります。



また、仮歯に用いられるプラスチックは、
色素がつきやすいため、変色をおこし汚れてきます。


さらに、唾液を吸収するため、
口の中の不快な臭いや
「口臭」の原因となります。



仮歯のままで治療を終えず、
治療は必ず最後まで続ける。


インプラントの治療で失敗しないためには、
最後に「人工歯」を入れるまで油断は禁物です。

◇仮歯の費用について

プラスチックの素材からも分かるように、
「仮歯の費用」は人工歯に比べると安いです。


1本当たり「約5千円〜2万円」が相場となります。


これは歯を入れる場所(奥歯や前歯)によりますが、
もし、仮歯を入れずに歯がない状態を我慢して
その分費用を安くしたいと思った方は要注意!



仮歯がない状態が続くと、隣の歯がズレてきて
インプラントのスペースに割り込んできます。


噛み合う歯や隣の歯がズレてこないように、
また、噛み合わせやアゴの状態を安定させるため、
仮歯は絶対に必要です。


口の中の状態によっては、違和感もありますが、


食事や会話、お手入れなどで何か問題があれば、
必ずそれを担当の医師に伝えて、調整を行いましょう。



そうすることで、最終的に入れられる
人工歯の「良い見本」となります。


つまり、インプラント治療の満足度を高めるためには、
仮歯の段階で何度も微調整を繰り返し、
「納得」することが大切となります。

≪ スポンサードリンク ≫

インプラントのデメリット|歯垢がたまりやすい方へのオススメ歯磨き法

第三の歯「インプラント」について!

歯が抜けた後をそのままにしておくと
歯がズレきてその隙間を埋めようとします。


そのままだと噛み合わせが悪くなりますので
抜けた歯の代わりに部分入れ歯やインプラントなどの
代替歯を入れ込むことになります。


最近は入れ歯の代わりに高額なインプラントを選ばれる方が増えました。
その一方でインプラントによるトラブルも増えています。



そこでインプラントの知られざるデメリットを
あらかじめ整理して把握しておきましょう。

■インプラントの最大のデメリット

インプラントは天然歯、義歯に続く「第三の歯」と呼ばれ、
新しい治療法として注目されています。


歯ぐき内部の歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨の部分に
人工の歯根を埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせる方法です。


部分入れ歯と比べインプラントの最大の特徴は
モノを噛むときにガタツキがなく、まるで
自分の歯で噛るようにモノを噛むことができることです。



しかし、インプラントの最大のデメリットは
人工歯と生身の歯ぐきとの間に
大きな歯周ポケット状の隙間が出来ること!



この大きな隙間には歯垢が溜まりやすく、
歯周病になるケースがたくさん発生しており、
他にも安いインプラント治療によるトラブルなども起こっています。


インプラントを入れたら、歯周病にならないように
丁寧なブラッシングが欠かせません。

インプラントを長持ちさせるコツ

歯周病にならないオススメの歯磨き法は
歯と歯の間や歯周ポケットに歯垢がたまらないように


歯間ブラシやデンタルフロス、ワンタフトブラシなどの
せまい隙間をキレイにできるデンタルグッズを活用することに尽きます。



歯磨きの後に鏡を見ながら歯ぐきを傷つけないように丁寧に行いましょう。


できれば、毎食後の歯磨きが理想的です。
毎食後の歯磨きを習慣はインプラントには大変効果的です。


食べたら磨くという習慣をつけることが出来れば、
歯垢がたまる前に歯周病を予防できインプラントも長持ちします。

≪ スポンサードリンク ≫

インプラントの歯が欠ける・割れる原因|ネジの緩みにも注意!

インプラントの歯が担う大切な役割!

インプラントにしてしばらくすると、
歯が欠けたり割れたりすることがあります。


せんべいや柿の種などの
硬いものを食べているときに
これらのトラブルが起こります。


実は、インプラントの歯に当たる「人工歯」は
インプラントを埋め入れたときの
「位置」「角度」「深さ」によって
その後の経過に大きな影響を受けるのです。



もし、インプラントが正しい位置にあれば
とくに何の問題もありません。


ところが、正しい位置からズレている場合、
人工歯は適切な噛み合わせができません。


そのため、噛み合わせの歪みから
噛んだときの力が正しく分散されずに
特定の歯に大きな負荷がかかることになります。



こうなると、インプラントの場合
人工歯が欠けたり割れたりしやすいのです。


また、インプラントの連結部分である
固定用スクリューの緩みなどのトラブルも
引き起こす原因となることにも。


その結果として、
インプラントの破折につながります。

□人工歯のトラブル対策

インプラントの歯(人工歯)に関する
トラブルが起きた場合、


インプラントの「保証内容」を
よく確認することが大切です。



インプラントの保証には治療を受ける歯科医院が
独自に保証している「院内保証」などがあります。


それぞれの歯科医院によって
保証内容や保証期間は異なりますので、
保証書をよく読み、事前に内容を確認します。


患者さん自身の大きな過失がない場合は、
人工歯の破損は保証されるケースが多いです。


ただし、定期的なメンテナンスを欠かしたり、
自宅でもお手入れをきちんと行っていない場合は
保証の適用外とされる可能性が高くなります。



あとは、歯科医院にインターネットや電話で
再治療が必要なことを報告すればOKです。

≪ スポンサードリンク ≫

インプラントにするなら大学病院と開業医のどっちがいいの?

大学病院と開業医!
どちらの治療がおすすめ?


インプラント治療を受ける人にとって
病院選びはとても重要です。


「大学病院」と「歯科医院」


どちらでも治療を受けることはできますが、
多くの方はこのどちらかで迷われます。


そこでまず、ご理解いただきたいのは、


インプラント治療が
外科(手術)、補綴、歯周治療という
3つの大きな領域にまたがる上に、
広範囲な技術と知識の習得が必要な
高度な分野だということです。



歯科医師の中には、インプラント治療に関わる
すべての治療を得意とする先生もたくさんいます。


しかし、すべての治療を高いレベルまで
高めることは、実際容易ではありません。


そのため、歯科医院では
外科(手術)、補綴、歯周治療それぞれの
領域を得意分野としている先生が
インプラント治療を行なう場合も多いです。


一方、大学病院には、
インプラント手術に関わる、
治療経験の多い歯科医師がいます。


また、麻酔科など他との連携がスムーズなことや
設備も充実していて、治療に必要なデータの取得と
適切な診断が可能なことから治療の安全性は高いです。

□大学病院の欠点

インプラント治療をするなら、
大学病院の方が安全でいい!


ここまでをまとめるとそうなります。


ただし、大学病院での治療には
大きな「欠点」があります。


それは、インプラントは埋入すれば
終わりではないことと深く関わります。


つまり、インプラントは
手術と同じかあるいはそれ以上に
手術後のメンテナンスが大切だからです。



メンテナンスによってインプラントの寿命が
大きく変化することはご存知かと思います。


大学病院でインプラント治療を受ける場合、
歯科衛生士の人数に限りがありますので、
一人一人の状態をきちんと把握し、
きめ細かな対応を継続して行うことができません。



やはりメンテナンスは
地域に根ざした歯科医院の方が得意だと思います。


歯科医院と大学病院、それぞれ
一長一短というのが実際のところです。

≪ スポンサードリンク ≫

インプラント周囲炎の治療について|早期治療が大切なワケとは

治療の基本は細菌の除去!
重症化したら外科処置も!


インプラント周囲炎の治療は
「細菌の除去」が基本となります。


歯周病と同じで軽症の場合は
「抗生剤」などの薬を投与しますが、


重症化すると、歯茎を切開して
歯茎の中を薬剤で直接清掃する
「外科処置」が必要になります。



また、インプラント周囲炎の場合は、
歯茎の骨が減っていることが多いので、
骨を補う再生療法を行うこともあります。


このような方法で、インプラント周囲炎の
治療を行ったあとには、必ず歯周ポケットの検査や
レントゲン検査を行なうことも忘れてはなりません。


再検査の結果、問題がないようであれば、
その後通常のメンテナンスを継続します。

□インプラント周囲炎が治らなかった場合

インプラント周囲炎が重症化したまま
治療をせずに放っておくと、
外科処置でも治らなくなります。


また、再生療法を行っても
歯茎やアゴの骨が回復しない場合も
当然考えられます。


そのような場合は、残念ながら
せっかく埋め入れたインプラントを
「撤去」しなければならなくなります。


ここで注意したいのが、


1本でもインプラントを摘出すると、
多くの骨が破壊された状態となって、
残りの骨では再治療が難しくなることです。



もし、再びインプラントを埋めるとなると
事前に大幅な「骨造成」の治療が必要となり
治療期間は長くまた、体への負担も増えます。


このため、インプラント周囲炎にかかってしまったら
もじもじせずに早期の治療を行なうことが大切です。

□毎日のケアを大切に!

インプラントを1日でも
良い状態で長持ちさせたい!


そのためには、「歯みがき」
徹底することが大事です。


インプラント周囲炎を引き起こす原因は
口の中の「細菌」です。


お風呂場や水回りと同じで
細菌は掃除しなければドンドン増えます。


でも、1日に1回きちんと掃除をすれば
いつもキレイで嫌な臭いもしません。


このように、インプラントを守るためには
細菌の塊である歯垢や歯石を付着させないように、
正しいお手入れを毎日実践することが大切です。



また、定められた日にメンテナンスを受け
プロの目で口の中の状態を確認することも
インプラントを維持するうえでは欠かせません。

≪ スポンサードリンク ≫

歯周病とインプラント周囲炎|症状の違いを分かりやすく解説!

インプラント治療の大敵
「インプラント周囲炎」!


インプラント治療後の不具合で
もっとも多いトラブルが
「インプラント周囲炎」です。


インプラント周囲炎にかかる人の割合は
インプラントにした方の「20%」と言われ、


症状が進むとインプラントを支えられなくなり、
短期のうちに脱落することが分かっています。



その主な原因は口の中の「細菌」です。


口の中は常に細菌にさらされていますが、
インプラント自体はチタンでできているので、
虫歯や歯周病にはなりません。


ところが、インプラントを周りで支える
歯茎やアゴの骨などは、歯周病菌に冒されると、
炎症を起こしてしまいます。


そもそも、インプラントを支える歯茎やアゴの骨は、
天然の歯と違って栄養を補給する血管が少ないため
抵抗力が弱いのです。



インプラント周囲炎にかかった人を調べると、
手術前の歯周病治療をきちんと行っていなかったり、


インプラント治療後のお手入れ不足などで
歯周病菌に感染することが多いことが分かっています。


自覚症状がほとんどないため
気付きにくいのも特徴の1つ。



そのため、症状が出て気付いたときは重症化しており、
再治療を受けなければならないケースが目立ちます。



ひとたびインプラントの周囲に炎症が起こると、
急速に骨の破壊が進むことは確実です。

□歯周病とインプラント周囲炎
 症状の比較一覧

@炎症


歯周病
初期から腫れてムズムズする


インプラント周囲炎
最初は弱く、進行すると
歯周病より強い炎症が起こる

A出血


歯周病
歯茎を触るだけで出血する


インプラント周囲炎
かなり重症になるまで出血しない

B骨の吸収


歯周病
ゆっくり進むが、進行すると
止まらなくなり抜歯となる


インプラント周囲炎
急速に進行するが、清掃しやすいので
早めに処置すれば、すぐに止まる

Cゆれ


歯周病
歯周病の進行によって
歯のゆれも大きくなる


インプラント周囲炎
脱落するまでほとんど動かない

D痛み


歯周病
歯茎や骨が破壊されて
歯が大きくゆれると痛む


インプラント周囲炎
歯に神経がないため痛みは感じないが、
骨がなくなり噛み合わせが悪くなると
噛むたびに痛むようになる。

≪ スポンサードリンク ≫

インプラントの治療中・治療後に起こるトラブルの原因について

インプラントの代表的なトラブル!

インプラント治療のトラブルは


「治療中に起こるもの」
「治療後に起こるもの」



この2つがあります。

□治療中に起こるトラブル

治療中に起こる代表的なトラブルは、
インプラントを埋め込んだ部分が
神経に損傷・圧迫を与える例です。



症状として、あごや唇に麻痺が出たり、
しびれが残ることがあります。


インプラントによる神経損傷のトラブルは、
「下アゴ」に起こりやすいのが特徴です。


手術のとき「下顎神経」という
下アゴの中を通る神経に触れたり、
近すぎると、麻痺やしびれが出ます。


軽い痛みが出る程度であれば、
自然治癒することもありますが、


自分で判断しないで、必ず
歯科医師の診断を受けることが大切です。


逆に、「上アゴ」にインプラントを
入れる場合に起こるトラブルで多いのが
「上顎洞炎」です。


上顎洞炎は、インプラントを上アゴに埋め入れるとき、
ホッペタの裏側あたりにある空洞(上顎洞)に傷がつき、
そこから細菌が入り込んで炎症が起こる病気です。


ちなみに、下アゴと上アゴで
トラブルや経過不良の割合を調べてみると、


下アゴの経過不良の割合 「1.6%」に対して、
上アゴの経過不良の割合は「3.7%」と
2倍以上トラブルが発生しやすいことが分かっています。

□治療後に起こるトラブル

治療後に起こるトラブルで多いのは、


・噛み合わせの不具合
・インプラント周囲炎



これらは、自分で行うお手入れが不十分だったり
インプラントのケアに慣れてない場合に起こります。


中でも、歯茎が腫れるなどの症状が出た場合は
インプラント周囲炎が疑われ、とくに注意が必要です。



とにかく慣れるまでは遠慮せずにお手入れの方法を
医師や衛生士さんに何度でも教えてもらいましょう。


高い成功率を誇るインプラント治療ですが、
トラブルの例も少ないわけではありません。


どの治療にも言えることですが、
完璧な治療というものは存在しません。


インプラント治療においても、
手術に対して数%の割合で
何らかのトラブルが発生することは
覚えておきましょう。

≪ スポンサードリンク ≫

インプラントで行うメンテナンスの内容|基本的な流れをご紹介

プロによる検診と清掃で
インプラントを良好な状態に保つ!


歯科医院で行われる基本的な
メンテナンスの内容をご紹介します。


それは、歯科医師による「問診・検診」と
歯科衛生士による「クリーニング」の2つです。

@問診・検診

問診を受けたあと、検診として
まず「噛み合わせ」を確認します。


インプラントには、天然歯と違い
噛んだときの刺激を伝えるセンサーである
「歯根膜」がありません。



そのため、噛み合わせの微妙な感覚が感じにくく
高さの変化や揺れなどのの不具合が起こっていても
なかなか気付きにくい性質があります。


メンテナンスで定期的に調べる必要があります。


次に、お口の中の状態や医師の判断によって
レントゲン撮影が行われる場合もあります。


インプラント周囲の骨の状態や
天然歯の状態を確認するためです。

Aクリーニング

最後は、歯のクリーニングを行います。


主に歯科衛生士が専用の器具を使って、
普段の歯みがきでは取りきれなかった
歯垢や汚れを取りのぞきます。



また、ブラッシングの状況を確認して
問題があるようであれば、
インプラントを長持ちさせるため
お手入れ方法の指導も行います。

□基本的なメンテナンスの流れ

メンテナンスの内容をまとめると
以下のような流れとなります。

STEP1 問診・検診


インプラント治療後、痛みや腫れ、
話しにくいなどがないか確認します。

STEP2 噛み合わせのチェック


色のついた紙を噛むなどの方法で、
全体の噛み合わせのバランスを確認し、
不具合があれば、人工歯を削ったり盛ったりします。

STEP3 レントゲン撮影


レントゲンを撮り、インプラント周囲の骨の状態、
天然歯とその周囲の骨の状態を確認します。
(経過が良好であれば行わないこともあります)

STEP4 口全体のチェック


歯・歯茎・粘膜の状態を確認し、
汚れや炎症がないかを調べます。

また、インプラントに破損箇所がないか、
人工歯を外して状態を確認することもあります。

STEP5 歯のクリーニング


専用の器具を使って、歯についた汚れを落とし、
インプラント周囲炎や歯周病を防ぎます。

STEP6 ブラッシングの指導


汚れが多くついているところがあれば、
磨き方や食生活に問題がないかチェックします。

そして、歯科医師や歯科衛生士が
その改善方法を提案し、日常生活に
取り入れられるかどうか話し合います。


ちなみに、メンテナンスは最低でも
6ヶ月に1度は受ける必要があります。



決められた期日をきちんと守り、
定期的にメンテナンスを受けることは、
インプラントを良好な状態に保ち、
天然歯を健康に保つことにつながります。

≪ スポンサードリンク ≫

インプラントの寿命をのばす歯磨き方法|歯と歯茎の境目に注意

正しいお手入れで
インプラントを守る!


インプラントの治療は、
人工歯をつけてからが勝負です。


毎日歯みがきを欠かさず、
定期的にメンテナンスに通う。


これだけケアしていたら
十分だと思いますが、
案外そうではありません。


とくに歯みがきについては、
日々お手入れを行っているつもりでも
歯ブラシの届かない隙間から
細菌が繁殖することも珍しくありません。



インプラント周囲炎の原因となる歯垢は、
わずかなすき間にも入り込みます。


歯と歯茎の境目はとくに注意が必要です。


歯ブラシの選び方や持ち方も含めて
正しい歯みがき方法をマスターし、
インプラントを清潔に保つましょう。

□歯みがき方法について

@歯ブラシの選び方


歯ブラシの選び方については、
毛先が柔らかいもの、硬いもの
ヘッドが大きいもの、小さいものなど
いろいろな種類があります。


特徴としては、毛先が柔らかいものは、
患部にやさしく天然歯もしっかり磨けますので
どんな人にもおすすめです。


一方、毛先が硬い歯ブラシは、
弱い力で丁寧に磨ける人には向きますが
ゴシゴシ強い力で磨く人には向きません。



あと、歯みがきにあまり
時間をかけられない人は、
部分磨きに適した「ワンタフトブラシ」や


ヘッド部分から音波の振動が発生して、
歯垢を取りやすくする「音波歯ブラシ」
などを活用されると良いかと思います。

A歯ブラシの持ち方


歯ブラシの持ち方で大切なことは
力を入れ過ぎないようにすることです。


そのため、親指・人差し指・中指の3本で
えんぴつをもつように歯ブラシを持ちましょう。

B磨き方


磨き方のコツは、毛先を使って
細かく振動させることです。


歯ブラシを歯に当てて、
「10mm」以下の幅で
小刻みに動かすだけOK!



この磨き方だと、歯茎を傷つけることなく
「歯と歯のすき間」や「歯と歯茎の境目」の
汚れをしっかり落とすことができます。

≪ スポンサードリンク ≫

インプラントの手術が怖い方もご安心!ここまで来た麻酔の技術

「歯科恐怖症」なので
インプラントの手術が不安


インプラントと聞いて
まずイメージされるのが
手術の不安や恐怖という方は
緊張で落ち着かないと思います。


そのような方の緊張は、
計り知れないものがあります。


中でも極度の歯科恐怖症の方などは、
手術のことを考えただけでも緊張して
夜眠れなくなることもあるかと思います。



そういう場合、
緊張を和らげることが大切ですが、


インプラント手術では
「静脈内鎮静法」という
方法を用います。

□静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法とは、鎮痛剤や向精神薬を
静脈に直接投与して麻酔状態にする方法です。


この方法のメリットは、全身麻酔と違って
意識が完全になくなることがなく、また
体への負担も少ないことにあります。


手術中は、ぼんやりした状態なので、
ドリルの音や歯をガリガリ削る音
口の中に器具が入り込む感触などにも
恐怖を感じないですみます。



さらに、手術後に麻酔が切れてからも
治療中のことはぼんやりとしか覚えていないか
すべて忘れてしまうことが多いのも特徴です。


つまり、治療中の記憶で
トラウマになる心配がありません。

□麻酔って大丈夫?

麻酔と聞くと体への影響が
気になる方もいます。


高血圧などの持病をおもちの方は
とくにそうかと思います。


しかし、静脈内鎮静法を行うときは
「歯科麻酔医」が立ち会います。


そして、術中に血圧や脈拍数、血中酸素濃度など
生体モニターを用いた全身管理につとめます。


ほとんど場合、執刀医と歯科麻酔医による
ダブルドクター体制のため
より安心して手術を受けることができます。



ただし、医学部で麻酔医経験があれば、
執刀医が麻酔をすることもあります。


気になる場合は、事前に電話で
確認しておきましょう。


術後は、入院することなくその日のうちに
帰宅ができるのも静脈内鎮静法の特徴です。

≪ スポンサードリンク ≫
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。