« スポンサードリンク »
ホーム »   なた豆

なた豆茶はなぜ健康に効果があるの?ミネラルを多く含む食品の欠点とは

健康のために見逃せないミネラル!

人間の体は、以下の3つで構成されています
「水分」「有機物」「無機物」


有機物とは糖質・タンパク質・脂質のことで
無機物とはミネラルのことです。


有機物はもちろんですが、ミネラルがなくても
我々人間は一瞬たりとも生きて行くことはできません。



ミネラルは有機物と違い自分の体で作り出すことができないため
外から摂取する必要があり、これが不足すると体に変調をきたします。


ミネラルが豊富に含まれている食材はたくさんありますが、
なた豆はその必須ミネラルがバランスよく配合されています。



ミネラルを体に摂取するとき
大切なことはバランスです。



偏ったミネラルだけを摂ったり、ただやみくもに
たくさん摂ればいいと言うことではありません。


塩化ナトリウム(塩分)も体にとってなくてはならないミネラルですが、
あまり摂り過ぎると高血圧を招いて逆に健康を害します。
つまりミネラルは不足しても摂り過ぎても体に良くないのです。



人の体のミネラルバランスは進化の過程の名残なのか、
海水のミネラル比率と大変近い割合で構成されおり
摂取するミネラルバランスは海水が理想とされています。


なた豆の種子には必須ミネラルがバランスよく含まれており
この種子を煎じてお茶にすると、たいへん飲みやすく
歯槽膿漏、蓄膿症、痔など日頃の健康管理にいいとされています。



<なた豆(100g)に含まれるミネラル>

●カルシウム   390mg

●鉄       14mg   

●ナトリウム   6mg

●マグネシウム  169mg

●リン      453mg

●カリウム    104mg

●亜鉛      31.3ppm

≪ スポンサードリンク ≫

福神漬になた豆が入っている理由|カレーの付け合せにグッド!

カレーの付け合せはなた豆だった!

カレーの付け合せに添えられる福神漬には、
何が入っているかご存知でしょうか?


実は、福神漬の中には
「なた豆」が入っています。


カレーと一緒に食べるとカリカリ音がして
とても美味しいアレ!それがなた豆です。



ちなみに、福神漬という名前の由来は、
「七福神」にちなんで名付けられたことから、
福神漬と呼ばれるようになったそうです。


七福神の名前からお分かりのように福神漬には
ウリ、レンコン、シソ、カブ、ナス、大根、なた豆の
「7つ」の野菜が使われています。



東京で代々海産物の加工と販売を営んできた
「酒悦」の15代・野田清衛門さんが初めて福神漬を作って、
明治19年に売り出したのが発端とされています。


それから福神漬がカレーに添えられるようになったのが、
明治35年頃からだそうです。


実際、日本からヨーロッパ行きの船内食堂で出される
カレーライスに、福神漬が添えられていたという記録があります。

■福神漬になた豆が選ばれた理由!

考案者の野田清衛門さんは
すでにお亡くなりになられているので、
その真相は今では分かりません。


推測として考えられているのが、
口の中に入れた時のシャキシャキした食感が
カレーのアクセントになって選ばれた。


そして、いつしか多くの日本人に
「カレーには福神漬」というのが
根付いた、というのが有力な説です。


なた豆は歯磨き粉やマウスウォッシュとして
一躍その名を知られることになりましたが、


実は、それ以前から福神漬になた豆が含まれており、
我々には大変馴染みがある健康食材だったのです。
※なた豆は、口臭予防にも良いです!

≪ スポンサードリンク ≫

なた豆の成分ウレアーゼは尿素を分解|腎機能低下に苦しむ方

ウレアーゼが腎臓にいいワケ!

これからウレアーゼの話をしていきますが、
その前に少し腎臓の働きについて触れます。


そもそも、腎臓の機能が正常に働いていれば、
尿素は体内で無害な「アンモニア」と
「二酸化炭素」に分解されます。


また、血液の中の老廃物をろ過して
体に必要な物は体に戻し、そうでないものは
尿として体の外に排出してくれます。


つまり、腎臓とは汚れた血液をキレイにする
「フィルター」の役割をになう臓器なのですが、
この機能が衰えてくると体に悪い影響を及ぼします。

エライぞ!腎臓

人間の体の中では、オシッコの元となる「原尿」が
1日になんと「140リットル」以上作られています。


そのたった1%(14リットル)が、
尿となって体の外に排出されるわけです。


残りの99%(125リットル)の原尿は、
腎臓の働きによって汚れをろ過され、
キレイな状態となって再び体を巡るのです。


しかし、この腎臓の機能が低下してしまうと、
「むくみ」が発生します。体の節々が痛くなり、
体が重たく感じるようになります。



現在体にむくみや関節の痛みを抱えている方は、
一度、尿検査を受けられることをおすすめします。


というのは、尿は内臓の「鏡」と言われており、
腎臓に何か障害があると、尿に反映されるからです。



腎臓の障害を放置したままだと
慢性腎炎や尿毒症を併発する恐れもありますので
気になる方は、病院で検査を受けてみてください。

なた豆で腎機能を改善!

なた豆には、「ウレアーゼ」という成分が
豊富に含まれています。


そして、この「ウレアーゼ」には、
体内で尿素を分解する効果があります。


つまり、腎臓の機能低下から来る
むくみや関節痛の改善に有効なのです。



さらに、


なた豆の種子を乾燥・焙煎してお茶にすると
衰えた腎機能を改善する効果もあります。


つまり、なた豆茶を飲むことは、
年齢とともに衰える腎臓の機能を活性化させ、
尿素の分解を高める効果があるのです。



体に溜まった有毒物質や老廃物は老化の原因です。


なた豆茶は、体に溜まった悪いものを
外に出すデトックス効果も高く、
普段から水の代わりに飲まれることで、一層
体の中から美しくなることが期待できます。
※なた豆茶はミネラルバランスも良いです。

≪ スポンサードリンク ≫

なた豆に含まれるカナバニンの効果とは?蓄膿症で口臭がする人

はじめて「なた豆」から抽出された成分!


なた豆に含まれる成分でもっとも有名なのは、
「カナバニン」という、アミノ酸成分です。


どうして「カナバニン」が注目されたかというと、
なた豆から初めて抽出された成分だったからです。


カナバニンに代表されるなた豆の効果として
排膿効果と抗炎症効果が有名ですが、


他にも、血液や体液を浄化する効果や
血行を良くする血行促進効果もあります。


その中でも「カナバニン」が
最もよく効果を発揮するのは、
歯周病や蓄膿症、痔ろうなどの
おびただしい量の「膿」が出る病気です。



膿がでてくると何が不愉快かというと、
「臭い」です。


ダウンタウンの浜田さんは、
23歳のときに痔ろうを発症しました。


そのためか番組中におならをすると、
周りの共演者から


「くっさー!」


と手で鼻を摘まれ、遠くの方に
逃げられてしまうほど強烈な悪臭を放ちます。


共演者がいつも同じリアクションをする理由は
おそらく浜田さんの痔ろうからくる
膿の強烈な臭いのためと思われます。


歯周病で膿が出てくると口臭のレベルが格段にアップします。
口を閉じて鼻で息をするだけでも臭いが周りに分かるほど。



人と1メートルの距離で会っても
臭いが分かるのがこの膿による口臭です。

蓄膿症による口臭

また、蓄膿症で膿が出てくると、
鼻の近くにある空洞(副鼻腔)に溜まり、
歯周病と同じように強い口臭の原因になります。


蓄膿症の特徴は鼻水が透明ではなく
黄色や薄緑色など色が付いていることで、


色のついた鼻水がいつも出ている人は、
鼻に膿が溜まっており、自覚はなくても
口臭は極めて強烈な可能性が高いです。



また、鼻がつまり、口で息をする時間が増えると
口の中が乾燥する「ドライマウス」にもなります。


この臭いの大きな要因である「膿」を、
体の外に排出し臭いをなくすのが
なた豆に含まれる「カナバニン」です。


実際になた豆を愛用している人たちの声です。

「口の中の粘つきがなくなり、サッパリした」

「歯ぐきが健康になったのかピンク色になった」

「鼻の膿が取れて、鼻で息ができて頭が軽い」

「痔ろうの膿の量が減って、下着をこまめに取り替えなくなった」

≪ スポンサードリンク ≫

なたまめの膿を出す効果に驚き!歯槽膿漏からくる口臭にグッド

古文書の中にもあった「なた豆」!

なた豆が歴史上初めて登場したのは、
中国の「明」の時代とされています。


中国医学(漢方)を学ぶ者にとって
バイブルと言われる書物の1つに、
「本草綱目(ほんぞうこうもく)」
というものがあります。


その古典の中に、


「なた豆は腎を益し、元を補う」


という、記述があります。


つまり、かなり昔の時代からなた豆は
薬効のある生薬として知られていたのです。


なた豆にはいろいろな効果がありますが、
中でも特に優れているのが「排膿効果」!


体の中に溜まった毒素である膿を、
素早く体外に出す効果のことです。

臭いの原因となる「膿」

そもそも「膿」とは何なのでしょう?


歯槽膿漏という言葉の中にも
「膿」という文字がありますが、


怖いイメージが連想させるだけで、
具体的なことはよく分かりません。


よく転んですり傷ができたときなど、
化膿が起こると、膿は発生しますね。


また、病気などで体の抵抗力が落ちたときも、
雑菌の力に負けて、膿ができやすくなります。


つまり、膿を生じるときというのは
病気やケガにより免疫力が落ちて
雑菌などが傷口に入ったときです。



このことから分かるように、


体の中の免疫機能である「白血球」と
外から入ってくる「雑菌」が戦って
できるのが「膿」ということになります。


なので膿は、雑菌が侵入してくる口、鼻、肛門に溜まりやすく、
それぞれ歯槽膿漏、蓄膿症、痔ろうの症状となって現れます。

なた豆が膿に良いワケ!

なた豆は歯周病予防や口臭予防の
歯みがき粉によく使われています。


その理由はなた豆に含まれる「カナバニン」などの有効成分が、
歯周病で歯茎にたまった膿を排出させて口臭を抑えるからです。
※「カナバニン」は蓄膿症にも有効!



また、膿を出す効果以外にも、
年齢を重ねてくるとだんだん弱ってくる
「免疫力」をサポートしたり、


老化やストレスで弱くなった体の抵抗力を強化することで、
口臭の原因となる不快な膿を、出来なくしてくれるのです。



このように薬効の高いなた豆は医食同源の国
中国では漢方生薬としてさまざまな形で用いられており
今でも薬膳の材料として料理に利用される人気食材です。

≪ スポンサードリンク ≫

なた豆に秘められた3つのスゴイ効果|歯周病予防に最適な理由

超ビックりなた豆!

口臭で悩んでいる人だときっと
ご経験あると思いますが、


新聞や雑誌の広告でよく
「なた豆」の文字を見かけませんか?


なた豆の歯磨き粉を使ったら口臭が治ったとか、
おじいさんやおばさんが笑顔を見せてるアレです。


なた豆は、成長すると
「5メートル」にもなりますので、
一度見たら忘れられません。


ちなみに、豆が入っている袋の部分は
大人の腕とほぼ同じ太さである
「50〜60cm」まで成長するそうです。


で、このビックリするようななた豆ですが、
江戸時代のはじめに海外から日本にやって来ました。


アクが強くて生のままとても食べられないのですが、
これを栽培する農家の方は何度も塩につけたり、
水にさらすなどアクを抜く手間をかけて食べています。



栽培する農家の方が手間や苦労をかけてまで
「どうしてなた豆をそんなに食べるのか?」
これから詳しくご説明します。

なた豆の3つのスゴイ効果!

@排膿効果と抗炎効果

口臭とくに歯周病からくる口臭で悩む方には
なた豆に含まれる「カナバニン」が効果を発揮します。


「カナバニン」には、排膿効果と抗炎効果があり、
歯周病、蓄膿症、痔瘻にバツグンの効き目があります。

A抗腫瘍効果

なた豆に含まれる「コンカナバニンA」が
初期の癌細胞をやっつけて、腫瘍ができるを抑制します。

B腎機能を活性化

なた豆に含まれる「ウレアーゼ」が腎機能を活性化させ、
高血圧やむくみ、関節痛などを緩和してくれます。

なた豆が歯周病に抜群な理由!

なた豆が歯周病に効く、口臭にいいと言われ
歯磨き粉によく用いられるようになったのは
カナバニンの優れた排膿効果と抗炎効果のためです。


歯周病とは徐々に歯ぐきが溶けていく病気で、
歯ぐきから膿が出て臭いがすることがあります。


膿が出てくるほど歯周病が進行すると
口を開けただけでも、周りの人たちに
「臭い!」と思われるようになります。


なた豆を使った歯みがき粉を使用すると
嫌な臭いのもとである膿を体の外に排出して
歯周病の強烈な口臭を防ぐことができます。



さらに、なた豆には歯周病を予防するために大切な
体の免疫力を高めるビタミンやミネラル成分が
たっぷり含まれており歯周病菌を体の内側から防ぎます。



なた豆はニキビや吹き出物、便秘の悩みにも有効で
いろいろな健康食品の素材として使われる他に、


臭いを抑える「エチケット商品」としても人気です。
※なた豆で磨くほどにきれいな歯、健康な歯ぐきに

≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top