« スポンサードリンク »
ホーム »   唾液

唾液で見違えるほど若返り!?肉体の老化を防止するちょっとしたコツ

唾液によって老化は防げる!

年齢を重ねるにしたがい、気になってくるのが
お肌の状態も含めて健康や若さのこと。


ハリがなくなってたるんできたり、色もくすんで
若い時のみずみずしい透明感が失われてくると
体全体が錆びついたような感じがします。


体の老化はガンや生活習慣病などの病気にもつながり、
肉体の老化を防いで若返りに努めることは重要です。



老化の原因はさまざまありますが、根本的な原因は
活性酸素に代表される「フリーラジカル」にあります。

フリーラジカルとは?

フリーラジカルとは、自由に動き回る電子(不対電子)を
持った分子や原子のことで老化の原因はその不安定さにあります。


フリーラジカルは常に不安定なため他の分子と素早く反応します。
これが肉体を錆びさせる(老化)原因になるのです。


したがって、このフリーラジカルにいかに対抗するかが
アンチエイジングである若返りの基本になります。



人間の体は非常に複雑にできています。


「体に悪いものを食べたからガンになる」

「タバコを吸うから生活習慣病になった」


などと、単純な理由で体が病気になるわけではありません。


いろいろな要因が重なり合うことで、はじめて
ガンや生活習慣病などの病気にかかるわけです。

唾液のもつ若返りパワー

このフリーラジカルによる老化から
体を守るのが「唾液」です。


唾液が肉体の老化を防いでアンチエイジングに
効果があるとされるのは、唾液にはフリーラジカルを
分解して除去する働きがあるからです。



唾液にフリーラジカルを分解・除去する働きがあるということは、
つまり、唾液がたくさん分泌されればそれだけ
肉体の老化を防いでいつまでも若いことになります。


また、「フリーラジカル」は
肉体の老化だけでなく病気の原因にもなります。


ですから、唾液が増えることはガンや腫瘍などの
命に関わる病気を未然に防ぐことにもつながります。


普段何気なく食べている物でも、
今よりほんの少し噛む回数を増やすだけで
簡単にアンチエイジングができます。


「唾液は若さの秘薬」


そう言われるのは決して大げさな表現ではないのです。

≪ スポンサードリンク ≫

口の乾燥を防いで口臭を予防|唾液の分泌を増やして顔を引き締める方法

口が乾燥すると口臭は強くなる!

花粉症の季節になると鼻づまりで口呼吸になる人が増えます。


そんな花粉症の方がもっともツライと言うことの1つに
口の中が乾燥することの苦しさがあります。


口が乾燥すると、非常に苦しいだけでなく
口の中で唾液に溶けていた口臭の原因物質である
揮発性硫黄化合物(VSC)が気化して口臭が強くなります。


口呼吸の人は唾液が少なく口が乾燥して
口臭が強いことは事実ですが、水を飲んで口を潤しても
一時的なもので、口臭予防には不十分です。


口の乾燥を防いで口臭を防ぐには
唾液の分泌を増やしてあげることが大事です。



唾液の分泌を促すには、ちょっと恥ずかしいですが
舌をぐるぐる口の中で回す舌体操
唾液腺のマッサージをやると効果的です。


他にも効果があるものとしては、


食事のときあごや舌をよく動かして、しっかり噛んで食べること。
野菜や果物豆類といった繊維質の多い食事や、ガムをよく噛むこと。



あごと舌をなるべくよく動かすような食事メニューを心がけると
それだけで唾液腺が刺激されますので、唾液がたくさん出ます。


これらの運動は唾液の分泌を促す一方で、
口や頬周りの顔の筋肉(口輪筋)を鍛えて
顔全体を引き締める効果もありますので、
ほうれい線やアゴのたるみが気になる方にも有効です。

≪ スポンサードリンク ≫

唾液が少ない4つの原因とは?口内が乾燥してパサパサの方必見

唾液の量は変化している!

唾液が分泌される量は気温、湿度などの環境によるものや、
緊張やストレスなどの心理的な要因によって変化します。


また1日のうちでも時間帯よって大きく異なり、
朝起きたときは唾液の量が最も少ないことが分かっています。


そして、唾液は食事をすることで分泌されたり
たとえば梅干しを頭の中にイメージする条件反射によっても
口の中にあふれるくらい唾液が増えることがあります。


正常な大人の1日の唾液の分泌量は約1.5gとされており、
これは500mlのペットボトルで3本の量になります。

■唾液が少なくなる4つの原因!

@緊張やストレス


就職の面接で緊張するとよく喉が渇いて
質問されても言葉につまってなかなか答えられない。

そして、面接が終わってホッとすると水を飲みたくなる。
それは緊張して唾液が少なくなっているためです。

緊張やストレスがあると自律神経の働きが狂うため
唾液の量が減少します。そうすると口臭も強くなります。

A薬の副作用によるもの


薬の副作用で唾液の分泌が抑えられることがあります。
血圧を下げる薬や、睡眠剤、抗うつ薬などを飲むと
副作用として唾液の分泌量が少なくなります。

B加齢


年をとると歯が弱くなったり、歯の残存数が少なくなるため
若い頃と比べると噛む力が弱くなり唾液の量が少なくなります。

また、年をとると持病が増えるため薬を多く服用します。
その薬の副作用によってドライマウスを引き起こしているようです。


さらに、年齢を重ねてくると体の中の「水分量」も減少します。
体の中の水分量は年々減少するそうで、赤ちゃんの体の80%は水分ですが、
高齢者になるとそれが50%まで少なくなると言われています。

C口呼吸


アレルギー性鼻炎などで鼻がつまっていると、
常に口を開ける口呼吸をすることで口が乾燥します。

口呼吸では呼吸のたびに口の中から唾液が蒸発します。
口呼吸を繰り返すと舌苔も付着して口臭が格段にアップします。


唾液には若返りの働きがあり唾液が少ないままだと
ドライマウスで口臭がするだけでなく、歯周病にもなりやすくなります。


辛い口の渇きが長く続いて日常生活に支障をきたすようであれば、
舌の体操で唾液の分泌を促すと症状を和らげることができます。

≪ スポンサードリンク ≫

ストレスは口臭の原因になるの?緊張で口が乾くときの臭いとは

ストレスによる口臭が増えている!

現代はストレス社会とも言われ、
緊張やストレスで体調を崩す人が増えています。


そんなストレスが「口臭」の原因になることがあります。


ストレスが増加すると唾液の分泌量が少なくなって
口のニオイが強くなるのです。


唾液は口の中にある汚れや食べかすを洗い流したり
口臭の原因である細菌を殺菌して、
口の中をキレイにする働きがありますが、


過度の緊張やストレスによって唾液が正常に分泌されなくなり、
少なくなったり止まったりして、口臭の原因となります。


あまり気にしないことが大事!


口臭に不安がある人は、口臭を気にするあまり
人と会話する時必要以上に緊張してストレスとなります。


そのことでさらに臭が強くなるという悪循環が起きます。


エチケットとして、口臭に気をつけることは大切ですが、
過ぎたるは及ばざるが如しで、過度に気にするとマイナスになります。


口臭に関しては気にし過ぎてもいけないし、
かと言って全く気にしないのも良くありません。


ストレスによる口臭は誰にでもあることですから、
適度な水分補給を行い、きちんケアしていれば、
あまり神経質になって悩むことではないようです。
(※だ液をたくさん出す方法は簡単です)

≪ スポンサードリンク ≫

たくさん唾液が出る場所は全部で3つ|口臭の原因は舌の近く!

唾液は一体どこから出ている?

口の中に唾液がないと口の中は乾燥するため、
話すとき唇に引っかかったり、舌もなめらかに動きません。


唾液には唇や舌が動きやすいようにする「潤滑作用」や
歯の表面や粘膜を覆って乾燥を防ぐ効果があります。


そんな唾液ですが、一体口のどこから出ているのでしょう?


普段あまり意識しませんが、口の中にはいつも唾液があります。


唾液をつくる場所を唾液腺(だえきせん)と呼んで、
この唾液腺にはたくさん唾液を分泌する「大唾液腺」と
少量の唾液を分泌する「小唾液腺」の2つがあります。

■大量の唾液を分泌する3つの場所

大量の唾液を分泌する「大唾液腺」は3つあります。


●耳下腺(じかせん)

●顎下腺(がっかせん)

●舌下腺(ぜっかせん)



それぞれ分泌される場所に近い名前がつけられ
口の左側と右側にそれぞれ存在しています。


この3つの場所から分泌される唾液の量は、
唾液の「90%」に当たり、残りの「10%」が
小唾液腺から分泌されています。

唾液の性質!

どこから分泌されようと唾液に変わりありません。
しかし、分泌される場所によって性質が異なります。


口臭の原因となる糸をひくようなネバネバした唾液は、
舌の裏側の「舌下腺」から出ており、
「ムチン」という物質が含まれています。


ちなみに、ムチンはストレスとも関係しています


一方、ムチンがほとんど含まれていないサラサラした唾液
耳の下側にある「耳下腺」から出されます。この唾液は
指で触っても水みたいにサラサラでほとんど臭いがしません。


そして、サラサラとネバネバのちょうど中間当たりの唾液。


「顎下腺」と呼ばれる顎の下にある所から分泌される唾液にも、
ムチンが含まれていますので、ネバネバや口臭の原因になります。

≪ スポンサードリンク ≫

ストレスで口臭がキツくなる2つの理由|緊張と疲れがヒドイ方

ストレスが溜まると口臭が強くなる2つの理由!

睡眠不足や仕事の残業などが続くと
いつもと比べて自分の口臭が気になりませんか?


一般的にストレスが溜まると、
口臭は強くなると言われています。


実際、日頃からストレスをためている人は
話してみると口臭がキツイ人が多いです。


ストレスが溜まるとなぜ口臭がキツくなるのか
その理由は「2つ」あります。

@ストレスで唾液がネバネバになる!

疲れていたりストレスを感じているときは、
口の中で唾液が、ネバネバしたものになります。


リラックスした状況だと唾液は透明でサラサラですが、
ストレスがあると分泌される唾液が変化するのです。



ネバネバした唾液には
「ムチン」と呼ばれる糖タンパク質が含まれており、
これが口臭がキツくなる原因となります。



ちなみに、ネバネバしただ液が出る場所は
下の前歯の付近にある「舌下腺(ぜっかせん)」と呼ばれる所です。

Aストレスで唾液が減る!

経験されたことがあると思いますが
緊張が続くと唾液の量が減少します。


受験や就職の面接のときって不思議と、
口の中がカラカラで話そうとしてもうまく話せなかったり
つばを飲み込むのも一苦労するくらい口の中が乾きます。


これは緊張によって唾液の分泌が少なくなるからで、
口の中の唾液が減ると、口臭が強くなります。



これは生理的口臭と呼ばれ、時間の経過とともに解消しますので、
あまり気にする必要はありません。


ただ、早くストレスを解消することが大事!


●食事はよく噛んで朝昼晩きちんと食べる

●適度な運動をして早めに寝る



それでも改善しない場合は、根本的に
だ液が少ないのを改善する必要があります。



心の病気から体の病気が引き起こされるように
心と体はつながっていますので、
心のストレスは体に働きかけることが大切です。


規則正しい生活を心がけ、運動や食事で体を整えると、
多少のストレスがあっても口臭が気にならなくなります。

≪ スポンサードリンク ≫

唾液が虫歯を予防する効果|酸を中和する「緩衝能力」について

唾液がもつ不思議な力!

普段の生活の中で、
唾液を意識することなど
あまりないかもしれません。


しかし、唾液は体にとって
大切な働きをしてくれています。


成人が1日に出す唾液の量は
「約500〜1500ml」と言われており、
これはペットボトル約1本分に相当します。

◆歯の洗浄

口の中の健康維持のために唾液は
色々な役割を果たしていますが、
その1つに「歯の洗浄」があります。


唾液が出ると、ツバを飲み込みます。


それが歯についた汚れを取り
胃の中に流しこむ効果があるのです。



唾液とともに虫歯菌は胃に送られ、
強力な胃液に溶かされ消滅します。

◆緩衝能力

そして、もう1つが「緩衝作用」です。

唾液には重炭酸が含まれており、
虫歯菌が作り出す「酸」を中和し、
次第に中性に戻す働きがあります。


つまり、歯が唾液に触れている間は、
酸が中和され虫歯にならないのです。


「唾液は虫歯の予防に
 どれだけ役立っているの?」



それは、唾液が減少する病気をしたり、
手術によって唾液腺の摘出を行った時などに、
虫歯が異常に発生する事実からも明らかです。

◆ワンスモア緩衝能力

とくに虫歯と関係が深い
「唾液の緩衝能力」について
もう少し触れてみたいと思います。


先程、唾液は中性を示すと言いましたが、
口だけでなくあらゆる臓器の粘膜はすべて、
PHが低い(酸性)の方が
病原体の侵入から体を守るのには好都合。


そのため、粘膜の表面には乳酸菌がいて
乳酸によって粘膜の表面を酸性化し、
病原体の発育を防いでいます。


ヤクルトなどの乳酸菌飲料が
健康維持に良いのはこのため。


しかし、歯についてはPHが下がりすぎて
エナメル質が溶けると、虫歯になってしまいます。



ちなみに、歯が溶けるか溶けないかの
ボーダーラインは「PH5.4」です。


これ以下では歯が溶けてしまい
「虫歯」になります。


口の中では「PH6」ぐらいが
理想的な環境と言えます。

≪ スポンサードリンク ≫

唾液が臭い理由はコレ!キスを嫌がられる人にならないために

自分のツバをかぐと「うわっ臭!!」

何気なく自分の唾液をかいでみて
あまりの臭ささにびっくりした経験ってありませんか?


こんなに臭い唾液が自分の口の中にたくさんあって、
会話するときやキスする時にイヤな臭いを放っている。


そういうのは自分だけかと思うと心配で不安になりますね。


自分の唾液が臭いと感じた場合は、唾液が少いドライマウスや
歯磨きすると歯茎から出血する歯周病などが原因として考えられます。


ネバネバした臭い唾液だと口臭はもちろんのこと
歯周病や虫歯にもなりやすく、口内環境を改善して
サラサラで臭いのない唾液に早く戻す必要があります。

唾液って本当は臭くない!

唾液は口の中にある唾液腺という所から出ていて
出たばかりの唾液は無色透明で粘りも臭いもありません。


それが臭くなる原因の多くは、歯周病によって歯茎から出た血や膿、
歯みがきで取れなかった汚れが混ざって臭い唾液になるためです。



中高年から急増する歯周病は、最近では若い人や子供にも広まっており
日本人の80%の方が罹患しているというデータもあるほど一般的です。


歯みがきで取れなかった汚れが多いと寝起きの口臭も強くなります。
寝る前にきちんと歯磨きしても、朝から口の中がモワ〜ンとしたら要注意!


丁寧に歯磨しても朝から口臭や口の不快感を感じるのは、
歯磨きのやり方はもちろん、歯並びが悪いことが原因かもしれません。


歯並びが悪いと歯と歯の重なったところに汚れが残るため
他の人よりも歯周病になりやすく唾液の臭いも強いのが特徴。



黄白色のにごった色の唾液からは特に強いニオイがするのは
血や膿などの汚れが多く混じっている証拠です。


唾液が臭いうちは歯周病としてまだ症状は軽い方ですが、
歯茎の色が悪くなったり歯茎が痩せてくると見た目が悪くなり、
食べ物が挟まりやすくなるますので、唾液の臭いもヒドくなります。


唾液の臭いはお口の衛生状態を知らせる大事なサインです。


キレイな唾液だとニオイは全くしませんので
自分の唾液をかいで臭いなら、口の中の汚れをキレイにして、
歯茎から出る血や膿を抑えるため歯周病を治すことが大事です。


何もせずにそのまま放っておくと臭いは改善するどころか
どんどんキツくなりますので、普段の歯磨きを見直したり、
お近くの歯医者に行って歯周病の検査をしてもらう必要があります。

≪ スポンサードリンク ≫

【人気ランキング】「唾液」でよく読まれている記事TOP【10】

「唾液」でよく読まれている記事ランキング【TOP3】

【1位】 唾液が少ない4つの原因とは?口の中が乾燥してパサパサの方


唾液の量は変化している!唾液が分泌される量は気温、湿度などの環境によるものや、緊張やストレスなどの心理的な要因によって変化します。また1日のうちでも時間帯よって大きく異なり、朝起きたときは唾液の量が最も少ないことが分かっています。そして、唾液は食事をすることで分泌されたりたとえば梅干しを頭の中にイメージする条件反射によっても・・・

【2位】 唾液を簡単にこれでもかと出す方法!舌を動かすと痛いけどガマン


唾液を自然にたくさん出す方法!唾液が少ない人は口臭があるせいかあまり人と話したがりません。しかし、口臭を気にして話をしなかったり、口臭を抑えようと口を閉じてボソボソと話していると逆に唾液の分泌を抑えることになります。口を大きく開けてハッキリ会話をするようにすると・・・

【3位】 唾液が臭いのはなぜ?マスクで自分の口臭を感じた方


マスクの臭いにはワケがある!寒い時期になるとマスクをしている方を見かける機会が増えます。ウィルスによる風邪を予防するためでしょうが、マスクをして気になることは、その臭いではないでしょうか?自分の呼吸が直にマスクに当たる部分からイヤなニオイがして驚かれた方もいると思います。じつはこのマスクのニオイは口臭と関係があります。

「唾液」でよく読まれている記事ランキング【4〜10位】

【4位】 肌を舐めると唾が臭いのはなぜ?行為中だけでなく口臭が気になる方

行為中、唾液が臭くて臭くて・・・行為をしているときはキスだけでなく、お互いの体をむさぼるようにいたる所を舐めます。その時一番困るのが「唾液の臭い」ではないでしょうか?お肌の舐めた所から悪臭がすると行為に差し障りがあるばかりかへんな空気が流れ何となく「気まずく」なってしまいます。

【5位】 口の中がザラザラする人にお勧めの食べ物|粘膜を保護する唾液成分

口の中がザラザラして違和感が・・・口の中がザラザラして違和感を感じる場合、舌先がピリピリしたり味が分かりづらくなります。また、そういう状態が続くと特に寒い季節の場合風邪やインフルエンザなどの感染症にも罹りやすくなりますので注意が必要です。実は、口の中がザラザラするように感じるのは・・・

[6位] 唾液には8つのスゴイ作用がある!その中でも口臭を防ぐ3つの働きとは?

[7位] 唾液が出にくいときの対策!ドライマウスにも効く唾液腺マッサージとは?

[8位] たくさん唾液が出る場所は全部で3つ|口臭の原因は舌の近くにあった!

[9位] 舌の病気「カンジダ症」について|免疫グロブリンが減る怖い病気とは?

[10位] 唾液で見違えるほど若返り!?肉体の老化を防止するちょっとしたコツ

その他の記事を見る

≪ スポンサードリンク ≫
タグ / 唾液

肌を舐めると唾が臭いのはなぜ?行為中だけでなく口臭が気になる方必見!

行為中、唾液が臭くて臭くて・・・

行為をしているときはキスだけでなく、
お互いの体をむさぼるようにいたる所を舐めます。


その時一番困るのが「唾液の臭い」ではないでしょうか?


お肌の舐めた所から悪臭がすると行為に差し障りがあるばかりか
へんな空気が流れ何となく「気まずく」なってしまいます。


かと言って、唾液をなくすこともできませんし本当に困ります。


唾液が臭いと行為の妨げになる「口臭」もありますので、
実は相手にとって相当な迷惑をかけていることになるのです。



ではなぜ、せっかくの行為を台無しにするほど唾が臭いのか?


歯磨きしても唾液が臭いのは「舌」に原因があります。
舌の汚れ(舌苔)をキレイにせず肌を舐めると
食べカスや細菌が肌に付着してそこから悪臭がします。



今でも構いませんが、ご自身の舌の表面を指でなぞって
鼻に持って行ってみて下さい。強烈な臭いがあると思います。


「舌の表面」はじゅうたんやカーペットのようにヒダヒダになっていて
食事をすると食べカスや飲み物が溜まりやすいのです。


牛乳や青汁など色のついた飲み物を飲むと
舌の色が変わるのはそのためです。


「舌の表面」にたまった汚れは唾が臭くなるだけでなく
普段の生活でも不愉快な口臭の原因になりますので
毎日キレイに掃除することが大切です。


キレイな舌になると唾液の臭いは大幅に改善されますし、
何より口の中が清潔になりますので対人関係に自信が出てきます。



行為中にも感じられているとことと思いますが、
舌は非常に「デリケート」で敏感な感覚器官です。


掃除するとき歯ブラシでゴシゴシ擦ったりすると
舌の表面に小さな傷がたくさんついて血が出ます。


味が分からなくなったり感覚が麻痺することもありますので、
舌を掃除する際は、傷をつけないように優しく磨くことが大事です。


舌を磨くのは「タイミング」も大事で、行為直前だと多少無理があります。
なので、汚れが溜まって口臭が1番強い「朝」に行うといいと思います。


舌を磨くと、キレイなピンク色で見た目が良くなるのはもちろん
味覚も敏感になりますので、さらに楽しい魅惑の行為が期待できます。


>>行為で失敗しない!舌の「正しい」磨き方とは?

≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top