« スポンサードリンク »
ホーム »   介護 » 高齢者が現在行っている口腔ケアの方法を分析するポイント!

高齢者が現在行っている口腔ケアの方法を分析するポイント!

今の口腔ケアって適切なの?

高齢者の口腔ケアで大切なことは、
今現在行っている口腔ケアの方法が、
適切かどうかきちんと判断することです。


今の口腔ケアの分析・判断ができない限り、
効果的で持続可能な口腔ケアはできません。


口の中の状態も含め、
高齢者が行っている口腔ケアの方法を
チェックすることで、


・何ができて、何ができないのか?
・意識と行動にズレはないか?
・今のやり方は効果的なのか?



これらの点を明確にする必要があります。

現在の口腔ケアの方法を分析!

まず、現在の口腔ケアの方法が
効果的かどうかについて詳しく見ていきます。

@歯みがき


□ 同じ所ばかりを磨いていないか
□ 力いっぱい磨いていないか

□ 歯ブラシの大きさは適切か
□ 歯ブラシの状態はどうか
□ 歯間ブラシなどを使っているか

□ 洗面台の高さや幅、洗面台までの移動はどうか
□ 水道の蛇口をひねるなどの行為はどうか
□ 鏡はあるか、鏡を見ているか

Aうがい


□ クチュクチュ・ブクブク・ガラガラのうち
  どのうがいを行っているか
□ 十分にうがいができているか

Bその他


□ 病気や障害で姿勢をキープできないのでは?
□ 1日に行う口腔ケアの回数

体の機能と口腔ケアの関係を分析!

体の機能を正しく理解し、
何ができて何ができないかを分析します。

@歯みがき


□ しっかり歯ブラシを持つことができるか
□ 歯ブラシを口まで運べるか

□ 口を開けることができるか
□ 歯をみがくことができるか

Aうがい


□ コップをもつことができるか
□ 口の中に水をためることができるか

□ ブクブクができるか
□ 水を吐き出すことができるか

やる気と実際の行動を分析!

高齢者の口腔ケアへ取り組む気持ちと
それにともなう行動の関係を分析します。


やる気と行動が一致していることがベストですが、
必ずしもそうであるとは限りません。
どこに「ズレ」があるかを分析します。


□ 歯みがきの大切さを認識しているか
□ 習慣的に歯を磨いていないか
□ やる気はあるが、環境が整っていなかったり
  介助がないことで口腔ケアができないのではないか


これらの情報を分析し判断する際は、
高齢者の気持ち、また認知症によって
意思の疎通をはかることが難しいケースもあります。



そのような場合は、ケースカンファレンスを行い、
多くの意見を出し合って検討することが必要となります。


個人の価値観で判断せずに、できるだけ多くの専門家の意見の中から
高齢者の思いに近づくよう、カンファレンスを効果的に行いましょう。
≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top