« スポンサードリンク »
ホーム »   便秘 » 起きるのが楽しみ!朝から快便を出す方法|便秘型の人必見!

起きるのが楽しみ!朝から快便を出す方法|便秘型の人必見!

便が出ない人に足りない物!

朝から快便になるためには、
いろいろな方法があります。


野菜を食べる、運動をする、
ヨーグルトで腸内環境を整える
などなど・・・


しかし、どんな方法でも
あるものが不足すると
朝から良い便は出ません。


それは「水」です。


「どうして、水を取ることが
 朝の快便につながるのか?」



「朝から便を出すための
 どのように水分を取ればいいのか?」



2つ合わせてご紹介します。

◇水が良い便を作るワケ

人の体の「60〜70%」は水分ですが、
お腹の中(腸)も
体内の水分量によって影響を受けます。


実は、水分をしっかり取って、
体が潤っている状態では
大腸でも便が水分を含み、
軟らかく移動しやすいのです。


さらに、水分で便のカサも増すため
腸に刺激を与えて、便意も起こりやすい。


一方、体が水分不足の状態だと、
腸は体の水分不足を補うために
便から水分を吸収することになります。



大きくカチカチの便で出血したり、
出すのが大変な場合は、


水分不足が慢性化し便の通りが
悪くなっている証拠です。

◇レモン水の威力について

毎朝、バナナのような
軟らかくてツルンとした便を出す。


そのためには、朝起きてすぐに
「レモン水」を飲むのが効果的!



コップ1杯の水に
レモンをひとしぼり入れて飲むだけですが、
朝から快便を促すのはもちろん、
朝食欲がない人にも極めて有効です。

レモンのビタミンCが
腸を活性化!

朝起きたばかりの胃は空っぽです。


コップ1杯の水を飲んで
胃から刺激を受けた腸が目覚めると、
ぜん動運動(便を出す動き)を始めます。


この一連の動きを
「胃結腸反射」といいます。


胃袋に何もない朝に起こりやすく、
起きて水を飲むのが有効なのはこのため。


また、レモンを入れるのは、
レモンに含まれるビタミンCが、
腸で分解され腸を活性化するガスとなり
ぜん動運動をさらに高めるためです。


つまり、朝起きてコップ1杯の
レモン水を飲むことは、


@水の便を軟らかくする効果

A水の「胃結腸反射」による腸への刺激

BビタミンCによるぜん動運動の活性化



この3つの相乗効果が
期待できるのです。


硬いコチコチ型の便秘の人でも
このやり方でスルリと快便になります。


ただし、ストレスや睡眠不足など
神経性便秘の方は、腸が痙攣して
便の通りが逆に悪くなりますので、
朝から水を飲むのはご注意ください。



その場合、腸を過度に刺激しないよう
お湯にレモンを絞って飲みましょう。
(しつこい便秘による口臭は
コチラで解消できます!)
≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。