« スポンサードリンク »
ホーム » 自分の口臭が気になる » 口臭が自分では気づかない本当の理由|コップに息を吐いてもなぜ無臭?

口臭が自分では気づかない本当の理由|コップに息を吐いてもなぜ無臭?

口臭を無臭と思っている人は多い!

口臭で不思議なことの1つに、
「他人の口臭」はよく分かるのに
「自分の口臭」が全く分からないことがあります。


手に息を吐きかけても、まるで風の様に無臭で
自分は口臭がないと安心してしまいます。


口臭や体臭などの臭い全般に言えることですが、
臭いには自分のニオイは絶対に分からない、
という困った性質があります。


自分の口臭がないと思っている人が実は
ヒドイ口臭があるケースはよくあります。



職場では陰で笑われたりして、
誰かに指摘されるまで絶対分かりません。


「どうして、自分の臭いは無臭?」


コップに息を吐いて、それを嗅いでも自分の口臭がしない秘密は
実はニオイを感じる器官である「鼻」にあります。


「鼻」にはずっと同じニオイを嗅いでいると、
ニオイを感じなくなる性質があって
自分の家のニオイが分からないのも同じ理由からです。

■自分の口臭に気づかない理由

1つの臭いをずっと嗅いでいると、次第にその臭いに慣れて
その臭いが分からなくなり無臭としてしか感じない状態になります。


これが「ニオイの順応反応」と呼ばれるもので、
鼻にある嗅細胞が疲労して嗅覚が鈍るために起こると言われています。



よくある口臭チェックの方法としてコップに息を吐く方法や
ビニール袋に息をためる方法などがありますが、これらの方法だと
ニオイの順応反応が起きて、口臭が無臭にしか感じないわけです。



食べ物の味を感じる味覚や音を感じる聴覚など他の感覚に比べて
ニオイを感じる嗅覚は順応反応が1番強く現れるため
自分の口臭だけでなく、体臭やその他の臭いも分かりません。


学校や職場で友人や同僚に強い口臭があると
どうして口臭に気が付かないんだろうと、
不思議に思うケースがあります。


しかし、強烈な口臭がする人でも順応反応によって
本人にはまったく無臭になってしまいます。


これは自分にも言えることです。
いくら口臭がないと思っても油断は禁物!


もしかしたら、自分も知らないうちに
周りに迷惑をかけているかもしれません。


口臭の有無は決して自分だけで勝手に判断しないことが肝心です。


枕の臭いやパジャマの臭いなどを自分で確認することはもちろん、
必ず口臭チェッカーなどで客観的に確認したり、
毎日接する家族や友人の仕草にも気をつけるようにすることが大事です。


ちなみに、口臭を自分で確認できる方法はコチラ


≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。