« スポンサードリンク »
ホーム »   インプラント » 安いインプラントって大丈夫?術後の噛めない歯のトラブルにはご用心

安いインプラントって大丈夫?術後の噛めない歯のトラブルにはご用心

異常に安いインプラントの正体!

歯を失った後の処置として、歯を削るブリッジや入れ歯よりも
一般的になってきたのが「インプラント」です。


インプラントは周りの他の歯に負担をかけないことや
噛む力も強く自分の歯で噛むのに近い感じで人気があります。


しかし、一部ではインプラントで術後の
トラブルが起こっているのも事実!



これからインプラントをと考えている方には
安いインプラントで起こるトラブルとその対策が必要になるかと思います。

■高いインプラント VS 安いインプラント

今ではどこの歯医者さんもインプラントを行うほど
インプラントは広く普及しました。


チタンであれば、骨と結合する確率が高いので
それほどインプラントの高い技術を持っていない歯科医師でも
治療できるのですが、あとでトラブルが起こる例があります。


その原因の一つに安いインプラントの使用があります。

■インプラントの値段

インプラントには正規品とそうでないコピー商品などの
安い粗悪品があるのをご存知でしょうか?


インプラントの正規品には高い研究開発費がつぎ込まれていることや
複数の高額な特許がかかって、これが価格に反映されて高額になります。



保険の適用もまだ認められていませんので、


●全国の平均は30〜40万円

●首都圏や都市部は35〜45万円



価格の相場としてはこれくらいが妥当のようです。


安い違法コピーの場合、値段は1本あたり5万円〜10万円で、
歯科医師も違法コピーと知りながら使用しているようです。

■安いインプラントの問題点

見た目は同じでも違法コピーのインプラントには
噛むことに関して術後のトラブルや危険性があります。



噛むことはそれ自体、歯やそれを支える顎に大きな力がかかります。


長い年月その負担に耐えられる正規品のインプラントでないと
健全な咀嚼機能にトラブルを起こして再治療が必要になります。


違法コピーを使用する歯科医師のモラルが大きな問題ですが
治療を受ける側でも、異常に値段が安いインプラントには気をつけるべきです。



一度植えたインプラントまた抜いて植えるのは大手術です。
自分の大切な歯や骨に大きな負担がかかりダメにする危険もあります。
≪ スポンサードリンク ≫

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。